甲子園3季連続4強の秀岳館、悲願優勝へ初戦突破 横浜との優勝候補対決制す

甲子園3季連続4強の秀岳館、悲願優勝へ初戦突破 横浜との優勝候補対決制す

名門・横浜は福永が3ラン含む4打点も敗退

 第99回全国高等学校野球選手権大会は11日、強豪校が集まった大会第4日が行われ、第2試合は今春選抜まで甲子園3季連続4強の秀岳館(熊本)が、名門・横浜(神奈川)に6-4で勝利。悲願の日本一へ向けて、初戦を突破した。

 秀岳館は初回、横浜の先発・塩原を攻める。先頭・竹輪がいきなりスリーベースを放つと、半情がレフトへ犠飛。先制に成功した。さらに、1死一塁から広部がタイムリーツーベース。相手のパスボールの後、田浦はセンターへのタイムリーで、初回に3点をもぎ取った。

 さらに、3回は相手のミスを突いて追加点。横浜はここで奥村に継投。さらに、4回からは1年生の及川がマウンドへ。その及川が4、5、6回と無失点に抑える粘りの投球を見せた。

 一方、秀岳館は先発・川端が3回まで無安打に抑える快投。4回に初ヒットを許したが、無失点で切り抜けた。しかし、横浜は5回にチャンスを作り、福永の犠飛で1点を返す。

 横浜は7回から万波をマウンドに送るも、2死から連打と敬遠と満塁とする。横浜はここでエースナンバーの板川に継投したが、秀岳館は代打・橋口がライトへのタイムリー。貴重な追加点で5点差とした。

 秀岳館は7回、ライトを守っていたエース田浦がマウンドへ。横浜は2死一、三塁の好機を作ると、福永が左中間へ豪快な3ラン。2点差に詰め寄った。

 しかし、8、9回は田浦が抑えて、秀岳館が2点のリードを死守。優勝候補対決を制して、初戦を突破した。(Full-Count編集部)

関連記事

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索