三本松が下関国際を撃破して甲子園初勝利、主将渡辺が3安打3打点の活躍

三本松が下関国際を撃破して甲子園初勝利、主将渡辺が3安打3打点の活躍

春夏通じて初出場の下関国際は5回から追い上げるが届かず

 第99回全国高等学校野球選手権大会は13日、大会第6日が行われ、第2試合は三本松(香川)が春夏通じて初出場の下関国際(山口)を9-4で下し、甲子園初勝利を飾った。主将で捕手の渡辺が3安打1犠飛3打点の活躍で打線を牽引。12安打9得点で下関国際を打ち崩した。

 香川県大会では5試合で36得点を叩き出した三本松打線が、初回から得点を重ねた。1回に1番・大久保がいきなり右翼への三塁打を放つと、続く多田の遊ゴロで効果的に先制点を挙げた。2回には主将の6番・渡辺が左翼へソロ弾。4回には1死二、三塁から渡辺の右犠飛、浦上のセンターへの適時打で2点を追加した。

 6回には1死一、二塁から渡辺のライト適時打、下地のセンター適時打などで3点を追加。7回にも1点、9回にも1点を加え、大量9得点を挙げることに成功した。

 三本松の先発・佐藤は初回1死から味方失策で出塁を許した以外、5回1死まで走者を出さない快投。5回からは8回まで毎回1点ずつを失ったが、制球力を生かした丁寧な投球で相手打線に畳みかけさせず。チームの甲子園初勝利を確かなものとした。

 春夏を通じて甲子園初出場の下関国際は、5回から8回まで毎回得点でジワジワ点差を縮めたが、9失点は大きかった。(Full-Count編集部)

関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索