明豊が白熱のシーソーゲームに勝利、8回に3番・浜田が値千金の逆転2ラン

明豊が白熱のシーソーゲームに勝利、8回に3番・浜田が値千金の逆転2ラン

夏初出場の坂井は最後まで食らいつくも力尽きる

 第99回全国高等学校野球選手権大会は13日、大会第6日が行われ、第4試合は明豊(大分)が坂井(福井)を7-6で破り、手に汗握るシーソーゲームを制して3回戦進出を決めた。取りつ取られつの攻防に決着をつけたのは、この日3安打4打点と大当たりの3番・浜田が放った逆転2ランだった。

 先制したのは2年ぶり6度目出場の明豊だった。3回に1番・三村が二塁内野安打で出塁。送りバントで1死二塁としたところで、3番・浜田が左翼へ二塁打を放ち、1点を先制した。

 だが、坂井は5回に2死二塁から3番・帰山が二塁へゴロを打つが、これを二塁手が後逸。この間に二塁走者が同点のホームを踏んだ。

 ここから一進一退の攻防が続く。5回裏に明豊が浜田のタイムリー二塁打、本多と吉村の適時打で3点を加えると、5回表に坂井が7番・吉川から始まる3連打であっという間に同点に追いついた。

 4-4の同点で迎えた8回表、坂井は5番・軽部、6番・出店が連続ヒットで出塁。送りバントなどで2死二、三塁としたところで、9番・山内の打球が相手の悪送球を呼び、この間に2者が生還。勝ち越しに成功した。

 だが、シーソーゲームは続く。2点を追う明豊は、8回裏に1死一塁から三村の左翼二塁打で1点を返すと、この日大当たりの浜田が値千金の2ランを左翼スタンドへ叩き込み、土壇場で逆転に成功した。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索