前田健太6回途中2被弾4失点も11勝目、投打の援護受けて自身5連勝飾る

前田健太6回途中2被弾4失点も11勝目、投打の援護受けて自身5連勝飾る

2点ビハインドから5点の援護、同点走者置いて降板も2番手好救援

 ドジャース前田健太投手は13日(日本時間14日)、本拠地でのパドレス戦に先発し、今季11勝目(4敗)を飾った。初回に2点先制を許すも、打線が5点を援護。6回に1点差まで追い上げられて途中降板したが、2番手が好救援でリード死守。5回1/3を投げて2被弾含む4安打1四球8奪三振4失点(自責3)ながら、メジャー50試合目の先発マウンドを白星で飾り、チームは2連勝とした。防御率は3.76。

 前田は初回1死からスパンジェンバーグの右中間ソロ、マイヤーズの中犠飛で2点の先制を許す。だが、1回3アウト目からは5回3アウト目まで打者13人を連続凡退とする快投披露。このピッチングに応えるかのように、打線が4回に奮起。無死一、二塁からターナーが逆転3ランを放つと、グランダルもセンターへ2点弾を運び、5-2と一気に逆転に成功した。

 だが、6回に落とし穴が待っていた。先頭マーゴットに右前打を許すと、スパンジェンバーグにこの日2本目となる2ランを左翼へ運ばれ、1点差に詰め寄られる。1死からソラルテを四球で歩かせたところで、85球(55ストライク)を投げて降板。同点の走者を残したが、マウンドを継いだ2番手フィールズが好救援し、1点リードを守り抜いた。

 リリーフ陣が無失点リレーを続けると、8回にはターナーがこの日2本目となるソロ弾を左翼へ運び、2点リードの6-4とし、勝利を確かなものとした。

 後半戦は安定感のある投球を続けている前田は、これで7月7日ロイヤルズ戦から続く自身の連勝を「5」に伸ばした。 (Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索