「今は、結果的にはね、よかったなって思ってる」

 オリックス、マリナーズ、ヤンキース、マーリンズで活躍したイチロー氏が“先生”となり“生徒”の質問に答える「おしえて! イチロー先生」が話題となっている。SMBC日興証券株式会社が、6月23日にYouTubeチャンネルで公開した全27本の動画には、子供から大人まで幅広い年齢層からの質問が集まり、イチロー氏が自身の経験を基に回答している。

 同社が公開したWEB動画は昨秋の「人生100年 イチローすごろく」に次ぐ第2弾。イチロー氏が先生役として教壇に立ち、小学生から70代までの“生徒”からの悩み相談に答える形となっている。「子供」篇の中から、今回は「本名はなんていうんですか?」という質問に対し、イチロー氏が自身の名前について語った内容を紹介する。

 イチロー氏の本名といえば、言わずと知れた「鈴木一朗」だ。このフルネームについて子供から「本名はなんていうんですか?」と質問が飛ぶと、“イチロー先生”は「もう最悪でしょ、鈴木一朗って。鈴木ってね2番目に多いのかな、日本の。(1番目は)佐藤じゃないかな? 鈴木でイチローは最悪なんですよ。親を憎みましたよ僕は」と冗談交じりに語り、生徒たちを笑わせている。

 ただ、この「鈴木一朗」という名前だったからこそ、誰もが知るスターになり得た部分もあるとイチロー氏は語っている。「これは皮肉なもので、これはイチローだったから、みんなに覚えてもらえたというのもあるんだよね。一番簡単というか、日本の中ではイチローというのが多いでしょう? 今は、結果的にはね、よかったなって思ってる」とした。

 また「僕はイチローなんだけど、次男なんですよ。長男じゃないの、次男なのね。それはちょっといいなと思う」と語り、次男坊ながら“イチロー”となったことに愛着を覚えているようだった。(Full-Count編集部)