球団によるとアイシングなどを行い、様子を見ている

■ロッテ – オリックス(26日・ZOZOマリン)

 オリックスの山岡泰輔投手が26日、ZOZOマリンスタジアムでのロッテ戦で緊急降板した。球団は左脇腹に違和感を感じたためと発表した。

 この日先発した山岡だったが、2番の角中へ2球目を投じたところで違和感を訴えて、そのまま緊急降板。2番手で鈴木優投手がマウンドへあがった。山岡は打者1人、3球を投げただけで交代となった。球団によるとアイシングを行なって様子を見ているという。(Full-Count編集部)