強振したわけでなく軽く合わせたようなスイングでナゴヤドームの左中間最深部に放り込む

■中日 – 広島(26日・ナゴヤドーム)

 広島の鈴木誠也外野手が今季早くも4本目の本塁打を放った。26日、敵地ナゴヤドームでの中日戦。2回の第1打席で左中間スタンドへと飛び込む本塁打を放ち、この1発にファンも驚愕している。

 両チーム無得点で迎えた2回だ。先頭打者で打席に入るとフルカウントからの7球目、中日先発の大野雄が投じたツーシームを捉えて左中間スタンドへ。強振しておらず、軽く合わせたようなスイングだったが、広いナゴヤドームの左中間最深部に放り込んだ。

 この驚異的な一発にはファンも驚きを隠せない。この一発を「DAZN(ダゾーン)」公式ツイッターが動画で紹介すると、ファンからは「キモいホームランやなおい」「真面目に3冠王いけるのでは?」「今年もバケモンやな笑」「どういうこと???」「これが入るの?」「これでホームラン入るのはほんとに変態だし好き」「本当やばい」と驚愕した。

 さらに鈴木誠は4回の第2打席にも大野雄から中堅バックスクリーンへと叩き込む5号ソロを放ち、早くも今季5本目。驚異的なペースで本塁打を量産している。(Full-Count編集部)