ソフトバンクの千賀は故障後最長となる6回を投げる

 ソフトバンクの千賀滉大投手と阪神の藤浪晋太郎投手が26日、タマスタ筑後で行われたウエスタン・リーグでそれぞれ先発した。千賀は復帰後最長となる5回を投げて2安打1失点、藤浪は3回を投げて1安打2四球無失点だった。

 右前腕部の張りからの復帰を目指す千賀は初回、先頭の島田に四球を与えると、板山に右前適時打を許していきなり失点。ただ、2回以降は1人の走者も許さずに貫禄を見せた。

 一方の藤浪は無失点の好投。初回先頭の谷川原に四球を与え、中村晃に安打を許したが、後続を打ち取り凌いだ。2回も九鬼に四球を与えたが、ヒットは許さず。3回は3者凡退に打ち取ってマウンドを降りた。最速は157キロだった。(Full-Count編集部)