自軍の大野雄が一発を浴びたのに、間一髪でかわし「セーフ」のポーズ…

■広島 4-1 中日(26日・ナゴヤドーム)

 26日の中日戦で2打席連続の本塁打を放った広島の鈴木誠也外野手。2回の第1打席で左中間スタンドへと飛び込む本塁打を放つと、4回の第2打席では中堅バックスクリーン左へ特大のアーチをかけた。

 2回に軽く合わせたようなスイングで広いナゴヤドームの左中間最深部に放り込み、まず4号ソロ。4回にはバックスクリーン左への特大アーチ。大野雄の2球目のストレートを弾き返すと、グングンと飛距離を伸ばし、カメラマンエリアに着弾した。

 この2本目のアーチで、危機一髪だったのが、中日の人気マスコット「ドアラ」。バックスクリーン左にあるカメラマンエリアに陣取っていたドアラだったが、まさにドアラのいる場所を打球が襲い、間一髪でボールをかわした。

 冷や汗をかいたドアラは思わず両手を広げて「セーフ」のポーズ。自チームが一発を食らい、喜べないはずだが、思わず両手を広げてしまった。この様子を「DAZN(ダゾーン)」の公式ツイッターが動画で紹介すると、このドアラの動きにファンも反応。「ドアラw」「草」「ドアラ可愛い」「ドアラちゃんと取れよ」「セーフしてて笑った」「ドアラ危ねぇ」と笑いが起こっていた。(Full-Count編集部)