先発の山岡は左脇腹の違和感でわずか3球を投げたところで降板

■ロッテ 6-5 オリックス(26日・ZOZOマリン)

 オリックスが痛恨の逆転負けを喫して泥沼の4連敗となった。26日にZOZOマリンで行われたロッテ戦。先発の山岡がわずか3球で降板するアクシデント。終盤までリードしたが、8回一気に4点を奪われて逆転された。

 初回2点を先制した直後に先発の山岡が左脇腹の違和感を訴えて降板。わずか3球を投げたところでのアクシデントだった。2番手で緊急登板した鈴木が4回途中まで2失点と粘り、8回まで3点のリードを奪っていたが、8回に海田がロッテ打線につかまって4点を失って逆転された。

 これでオリックスは痛恨の4連敗。開幕カードも負け越しており、7試合を終えて1勝6敗となった。逆転勝利のロッテは6連勝。楽天から人的補償で加入した小野がプロ初勝利をマークした。(Full-Count編集部)