西武戦の2回、逆を突かれながらも横っ飛びで捕球した今宮

■西武 7-4 ソフトバンク(26日・メットライフ)

 ソフトバンクの今宮健太内野手が、驚愕のファインプレーを見せてファンの度肝を抜いた。26日にメットライフドームで行われた西武戦。2回に逆を突かれながらも、常人離れした身のこなしでキャッチした。

 2回1死一塁で迎えた金子の打席だった。ソフトバンク先発の東浜のボールを弾き返した打球は痛烈なゴロとなって遊撃を襲った。一塁走者の木村がスタートを切っており、二塁ベースカバーに入ろうとしていた今宮は完全に逆をつかれた。

 次の瞬間、体を逆方向に捻ると、懸命にグラブを伸ばして打球をキャッチ。すぐに立ち上がると、強肩を発揮して一塁へ転送して俊足の金子をアウトにした。解説が「これぞプロのプレーですね」と絶賛するファインプレーだった。(Full-Count編集部)