上沢、マルティネスの先発2人を昨季欠いた日本ハム

 長いシーズンにおいて、どの球団にとっても故障者はつきものと言わざるを得ない面はある。とはいえ、仮に主力選手が長期間不在となるようなことがあれば、チームの首脳陣がシーズン前に描いていた青写真にも狂いが生じるもの。とりわけ、2019年のパ・リーグは、多くの球団が主力選手の中から長期離脱者を出すという苦難のシーズンとなった。

 もちろん、故障の影響で不本意なシーズンを送った選手たちが新シーズンに年間を通してフル稼働することができれば、チームにとっても昨季からの大きな上積みとなることだろう。今回は、パ・リーグの6球団それぞれにおいて、2019年に負傷で長期の離脱を余儀なくされた選手たちの顔触れを紹介。各選手が新シーズンで完全復活を見せてくれることに、あらためて期待を寄せたい。

○日本ハム
 投手では、昨季の開幕投手を務めた上沢直之投手と、2018年に10勝を記録したニック・マルティネス投手の2名に注目だ。両者ともに2018年にはローテーションの中心的存在としてチームを支えたが、昨季はマルティネスが開幕前に、上沢も6月中旬にシーズンを棒に振る故障を負った。今季は開幕が遅れたことも功を奏したか、両者ともにブルペンで元気な姿を見せている。先発の駒不足は終盤戦でのチームの失速の要因の1つとなっただけに、両者の復帰はチームにとっても大きな意味を持つだろう。

 野手では手術の影響で開幕から約1か月欠場した清水優心捕手や、7月から8月の1か月間における故障離脱を境に成績を落としてしまった王柏融外野手、オープン戦で骨折した影響でシーズン初出場が5月24日までずれ込んだ清宮幸太郎内野手、7月に手術を受けてシーズンを棒に振った松本剛外野手といった面々が故障の影響を受けていた。いずれも今季は自身にとっても重要な1年となってくるだけに、ケガなくシーズンを完走してほしい。

楽天は昨季、則本昂と岸だけでなく田中和基も怪我で離脱

○楽天
 2018年に投手タイトルを受賞した則本昂大投手と岸孝之投手の両右腕が、故障による長期離脱を余儀なくされた。チームは投手陣の大黒柱である2人を欠いた時期も奮闘してAクラス入りを果たしたが、実力と経験を兼ね備えた両投手がシーズンを通してフル稼働できれば、さらなる上位進出に追い風となる。則本昂は開幕戦を託され、首脳陣からの変わらぬ信頼を得ている。イニングを消化する能力の高い両雄の復帰は、他の投手の負担を減らすという面でも大きいはずだ。

 野手では、2018年の新人王・田中和基外野手が骨折の影響で序盤から精彩を欠き、出場自体も59試合にとどまる苦しいシーズンを送った。俊足と強打を備えるスイッチヒッターが本来の打撃を取り戻せば、補強によって厚みが加わった打線の機能性向上も期待できる。打撃だけでなく守備の面でも高い貢献度が期待できる選手でもあり、シーズンを通して持ち前の溌溂としたプレーを披露してもらいたい。

○西武
 投手陣では経験豊富な左腕として期待された内海哲也投手が、開幕前の故障の影響でシーズンを通して1軍登板なしに終わった。また、2018年に11勝を挙げて優勝に貢献した榎田大樹投手も同じく開幕前のケガでシーズン初登板が5月にずれ込み、13試合の登板で防御率6.52という不本意な成績に。左の先発が不足するチームにとっても、両左腕の復調はリーグ3連覇に向けた大きな“補強”になりうる。

 野手に関しては規定打席に到達した選手がチーム内だけで8人いた事実が示す通り、主力選手の大半が故障することなくシーズンを戦い抜いた。リーグを席巻した強力打線の形成には、故障者の少なさが一役買っていた面も少なくはないだろう。連続フルイニング出場のパ・リーグ記録を持つ秋山翔吾外野手はチームを離れたが、今季も主力選手が大きな故障を経験することなくシーズンを戦い抜けるかに注目だ。

○ロッテ
 プロ1年目の2017年はリリーフとして、2年目の2018年にはシーズン途中から先発として、それぞれ活躍を見せてきた有吉優樹投手。しかし、2019年は開幕ローテーション入りを果たしながら、4月下旬に手術を受けたことで、わずか2試合の登板にとどまった。涌井秀章投手とマイク・ボルシンガー投手が抜けたこともあり、実力十分の右腕が復活すれば、投手陣全体の負担軽減にもつながるだろう。

 野手では2018年にプロ1年目から全試合に出場して遊撃手のレギュラーをつかんだ藤岡裕大内野手が、5月下旬から6月中旬、7月中旬から9月にかけてと、2度にわたって戦線離脱。その期間に空いたショートのポジションの穴を埋めきれなかったことが、チームがAクラスを逃す要因にもなった。81試合の出場にとどまった藤岡がシーズンを通して稼働できれば、チーム自体の戦いもそれだけ安定感を増すだろう。

ソフトバンクは東浜が手術を乗り越えて開幕投手を務めた

○オリックス
 榊原翼投手は2019年に13試合に登板して防御率2.72という質の高い投球を見せていたが、6月末に負ったケガでほぼ残りのシーズンを棒に振る事態に。同じく脇腹を痛め離脱した山本由伸投手と共にブレークの兆しを見せていただけに、まさに無念の離脱となった。逆に言えば、最優秀防御率を獲得した山本、最高勝率に輝いた山岡泰輔投手を軸とする先発ローテに21歳の若武者が加われば、投手王国形成に向けた大きな一歩となりうる。

 野手では大城滉二内野手が開幕から打撃好調で、3番打者を務める機会も増えるなど、正遊撃手として活躍を見せていた。だが、7月末の故障で、残りのシーズンを丸々棒に振る結果に。俊足とシュアな打撃に加え、内外野をこなせるユーティリティ性も兼ね備えた大城がチームにもたらす価値は数字以上のものがあるだけに、その離脱は痛かった。今季の開幕3連戦は二塁手としてスタメン。深く広く守る守備位置に注目が集まっている。今季こそは怪我なくシーズンを戦い抜き、自身初の規定打席到達を果たしてほしいところだ。

○ソフトバンク
 東浜巨投手は2017年に最多勝に輝いたが、2018年は7勝、2019年は2勝と、2年続けて故障の影響で勝ち星が伸ばせなかった。だが、故障の癒えた今季は開幕投手としてカムバック。5回を2安打5三振2四球無失点とロッテ打線を抑え、完全復活を印象付けた。また、2年連続で2桁勝利を記録していたリック・バンデンハーク投手、2018年に13勝を挙げた石川柊太投手も昨季はシーズンの大半を棒に振っており、故障者の復帰による上積みは大きそうだ。

 野手でもリーグを代表する強打者である柳田悠岐外野手をはじめ、2018年に歴代4位タイの14本の三塁打を記録した上林誠知外野手、不動の遊撃手として長年活躍を続けている今宮健太内野手、攻守に堅実な働きでチームに貢献し続けてきた中村晃外野手といった、主力中の主力と呼べる選手たちが故障等の影響で昨季は長期離脱を経験した。2020年はどれだけ故障者を出さずに戦い抜けるかが、チーム全体の成績を大きく左右することは間違いなさそうだ。

 こうしてみると、当然ではあるが、主力選手の故障は本人のみならず、チームの戦いぶりにも影響を及ぼすケースが多くなっていた。チーム全体の成績と故障者の数は、切っても切り離せない関係にある。それだけに、2020年は各選手がどれだけ健康を保つことができるかという点も、各球団のシーズンの成否を分ける重要なファクターとなってきそうだ。

 ファンにとっては、好きな球団の主力選手が長期離脱を強いられると往々にして心も沈んでしまうもの。今回取り上げた選手たちが今季は故障とは無縁のシーズンを送り、多くのファンを喜ばせるような見事なプレーを、年間を通して披露してくれることを願いたいところだ。(「パ・リーグ インサイト」望月遼太)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)