「あそこはターニングポイントだった」と振り返った8回の攻防

■DeNA 6-0 阪神(26日・横浜)

 DeNAは26日、横浜スタジアムで行われた阪神戦に6対0で勝利し、5連勝となった。先発の今永が8回無失点の好投で今季初勝利。打線は阪神先発・西勇の前に7回まで宮崎のソロ本塁打の1点のみに抑えられたが、投手が代わった8回にオースティンの2ラン本塁打などで一挙5点を奪って試合を決めた。アレックス・ラミレス監督は「チームの状態が安定している。先発ピッチャーが良く、攻撃も素晴らしい」と、好調なチーム状況に手応えを感じているようだった。

 開幕戦では5回2失点で負け投手になった今永だったが、8回まで散発の4安打と危なげない投球で西勇とのエース対決に投げ勝った。今永は「速いボールは大胆に、緩いボールは慎重に、と心がけて投げることができた。チェンジアップは回を追うごとに精度が上がっていたと思う」と、自らの投球を振り返った。

 8回には2死二塁の場面で近本に四球を与え、木塚コーチがマウンドへ向かった。「この回、力を出し切って自分で抑えてこい」とゲキを受けた左腕は、代打の糸原を二ゴロに打ち取り、思わずガッツポーズ。「あそこはターニングポイントだったので、なんとか抑えられてよかった」と虎の子の1点リードを守り切った。

 打線は先発全員安打で14安打を記録したが、7回までは西勇から1点しか奪えなかった。5回に値千金のソロを放った宮崎は「風に乗って入ってくれた」と控えめ。ともにお立ち台に上がった今永が「宮崎さんはどれだけヒットを打っても、いつも一番に球場に来てバッティング練習をしている。だから本塁打を打っても驚かなかった」と話すと、宮崎は「少しは驚いて欲しかったです」とおどけた。

「開幕戦を勝てず、他の投手がいいピッチングをして勝っていた。自分が引っ張っていかなければいけない立場であることは自覚している。こういう試合を勝ち切っていくことで、みんなの信頼にもつながる」と今季初勝利を喜んだ今永。「非常に大きい勝利」とラミレス監督が振り返ったように、5連勝のチームは現在、セ・リーグでもっとも勢いのあるチームと言えるだろう。

 巨人がヤクルトに逆転勝ちしたため、今季初の首位浮上とはならず。「今年のセ・リーグはCSがないので、1位にならなければ意味がない。そのことを常に頭に置いてやらなければいけないと思う」と今永は1998年以来となるリーグ優勝への思いを滲ませていた。(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)