「鎌スタプール特別親善大使」として始球式を行なった奥仲さん

 新型コロナウイルスの影響で開幕が延期となっていたプロ野球がいよいよ開幕。連日熱い闘いが繰り広げられている。試合の幕開けといえばやっぱり始球式。今季は当面の間、始球式が行われないが、ここでは「パーソル パ・リーグTV」でも公開されている、過去に行われた試合を彩る始球式を紹介。これを見て少しでもファンの方が楽しんでくれたら幸いだ。

 2015年9月22日に鎌ヶ谷スタジアムで行われたイースタン・リーグの日本ハム対ヤクルト戦。この試合で始球式を務めたのは、元アイドルグループ「PASSPO」のメンバーで、現在は女優、タレントとして活動する奥仲麻琴さんだった。

 この試合は「鎌スタ北海道まつり2015」として開催され「鎌スタプール特別親善大使」として奥仲さんは始球式を務めた。鎌ヶ谷スタジアム限定ユニホームに黒のミニスカート姿でマウンドへ上がると、先発の武田勝投手が後方で見守る中で大きく振りかぶってボールを投じた。

 右腕から投じられたボールは大きな弧を描いてワンバウンドで捕手のミットに。見事な“ストライク投球”となり、スタンドのファンからは「おぉ〜」というどよめきと大きな拍手が起こった。マウンド上でキュートな笑顔を浮かべた奥仲さん。投球とスマイルでファンを魅了していた。(Full-Count編集部)