広島鈴木誠は今季2度目の1試合2発でリーグ3冠王

■広島 4-1 中日(26日・ナゴヤドーム)

 広島の鈴木誠也外野手が26日の中日戦(ナゴヤドーム)で今季2度目の1試合2本塁打を放った。今季初の猛打賞、開幕7戦5発と絶好調でリーグ3冠王に立った。

 圧巻は4回の第2打席だった。エース大野雄の145キロをバックスクリーン左へ。5号ソロはカメラ席にいた中日の人気マスコット・ドアラを襲撃する弾丸ライナーだった。ドアラは間一髪で直撃を回避。思わずセーフのジェスチャーを出すほどの強烈アーチだった。

 スポーツ専門チャンネル「DAZN」公式ツイッターは「ドアラさんを襲う??? 鈴木誠也のとんでもない打球」としてドアラ襲撃弾を紹介。ファンからは「バケモンだわ」「誠也調子いいね」「鈴木誠也凄すぎん?」と鈴木を称賛するだけでなく、「ドアラが捕ればアウトだったのに」「ドアラ、セーフじゃない!」「ドアラさん、アウトにしなきゃ!」と人気マスコットへのツッコミも相次いだ。

 開幕7試合で打率.462、5本塁打、9打点とリーグ3冠王。120試合制でどこまで数字を伸ばすのだろうか。(Full-Count編集部)