牽制球を1度もしたことのなかった山崎だが、9回2死一塁で2度牽制をいれる

■DeNA – 阪神(27日・横浜)

 DeNAの守護神・山崎康晃投手が、公式戦で初めてとなる牽制を行った。27日、横浜スタジアムでの阪神戦。2死からマルテに四球を与え、代走に植田が送られると、続く大山の打席で2度の牽制球を投じた。

 プロ入り後、1度も公式戦で牽制球を投げていないことで知られていた山崎は2死一塁、2ボール1ストライクから2球続けて牽制を投じた。だが、その後、植田に盗塁を決められると、大山にも四球を与え、さらにサンズに逆転3ランを被弾した。

 牽制しないことで知られる山崎の牽制にファンは騒然。ツイッター上には「ヤスアキが牽制したぁぁぁ!」「うわ! 山崎康晃が牽制した!!」と驚きのコメントが並び、騒然。逆転3ランを被弾したことも相まって「山崎康晃」がトレンド入りしていた。(Full-Count編集部)