西武先発の松本の真っ直ぐを捉えて打球はバックスクリーンへ

■西武 – ソフトバンク(27日・メットライフ)

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が今季初の2番起用でいきなり特大の一発を放った。27日、敵地メットライフドームで行われた西武戦。この日「2番・中堅」で起用された柳田は初回の第1打席で中堅バックスクリーンへの2ランを放った。

 いきなりの一発だった。初回、先頭の栗原が四球で歩くと、2番の柳田が強烈な一発を喰らわせた。3ボール1ストライクからの5球目、西武先発の松本が投じた真っ直ぐをフルスイングで捉えると、打球は中堅バックスクリーンへ悠々と飛び込む2ランとなった。

 今季初の2番起用で6試合ぶりの一発となる2号2ラン。球団を通じて柳田は「打ったのはストレートです。少しだけ詰まりましたが、自分の良いスイングが出来ました。まだ始まったばかりなので、もっと追加点取れるようにしていきたい」とコメント。詰まってバックスクリーンへ放り込むのだから、やはりそのパワーは凄まじい。(Full-Count編集部)