今季初の2番で起用された柳田がいきなり先制2ラン

■西武 8-7 ソフトバンク(27日・メットライフ)

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が27日、メットライフドームで行われた西武戦でバックスクリーンへの先制2ランを放った。今季初めて2番で起用されると、その第1打席でアーチをかけた。詰まりながらの一発でファンの驚きを呼んだ。

 初回、先頭の栗原が四球で歩くと、柳田が強烈な一発。3ボール1ストライクからの5球目、西武先発の松本が投じた真っ直ぐをフルスイングで捉えると、打球は中堅バックスクリーンへ悠々と飛び込む2ランとなった。柳田は「少しだけ詰まりましたが、自分の良いスイングが出来ました」とコメント。詰まってもバックスクリーンへ放り込んだ。

 この一打にはファンも驚愕。「DAZN(ダゾーン)」公式ツイッターがこの2ランを動画で紹介すると、ファンからは「これだけ詰まったあたりでバックスクリーンは草」「エグいwwww」「レベチギータ。」「詰まってる感じするのになぁ すごい」「音が既にキショイ」との声があがっていた。(Full-Count編集部)