2019年に21歳の若さで最優秀防御率に輝いた山本

 2019年のパ・リーグにおいて最優秀防御率のタイトルを獲得したのは高卒3年目、21歳の山本由伸投手だった。若くしてオリックスの投手陣の中心的存在へと成長を遂げた右腕はプロ1年目の2017年は先発、2年目の2018年は中継ぎ、そして3年目の2019年には再び先発と、プロ入りからの3年間は毎年異なる持ち場を任されていた。

 山本が先発として2019年に見せた投球の質の高さはタイトルを獲得した事実が物語っているが、快速球とフォークを軸に中継ぎとしてフル回転しシーズン途中まで最優秀中継ぎ投手を争った2018年に残したインパクトも相当なものだった。先発と中継ぎの双方で能力の高さを示した点も山本の豊かな才能を示す要素の1つと言えるだろう。

 では、具体的に山本のどこが優れているのだろうか? 1軍での登板機会が多く得られるようになった直近2年間のデータや、実際の配球、球種の変化をもとに分析。若くしてエースナンバーである背番号「18」を引き継いだ剛腕が持つ高い能力を紐解いてみたい。

○各種投手指標の優秀さ

 2019年に防御率1.95という素晴らしい数字を残したが、リリーフだった2018年も53試合目の登板となった9月18日の時点で防御率2.05という安定した数字を残していた。9月19日の試合で5失点を喫して最終的な防御率は2.89まで跳ね上がってしまったが、それまでは中継ぎとしても防御率1点台に迫ろうかという活躍を見せた。

 1イニングあたりに出した走者の数を示す指標「WHIP」においても2018年は1.06、2019年は0.96を記録。非常に優れた数値とされる「1.00」近辺の数字を残しており、走者を出す確率が低い投手といえる。さらに被本塁打8本は2019年にパ・リーグの規定投球回に到達した投手たちの中では最少かつ唯一の1桁台。そこからも大量失点を喫する可能性が低いことが伺える。

6種類の球種を操り、そのどれもが一級品の質を誇る

○豊富な変化球と質の高さ

 リリーフとして登板を重ねていた2018年には、速球、カットボール、フォークの3球種が投球の大半だった。だが、先発に再転向した2019年は3球種に加えてカーブとツーシームの割合が大きく増加。やや頻度は落ちるが、スライダーを加えた6つの球種を使い分ける。なおかつ各球種の質が極めて高いといえる。

 最速で150キロ台後半に達する速球、同じく150キロを上回ることも少なくないツーシームに加え、カットボールも150キロに到達する。それに加えて140キロ台後半で鋭く落ちる高速フォークや、高速の球種に混ぜることでより効果を発揮するブレーキの利いたカーブもある。いずれの球種も実戦的であり、打者にとっては的を絞るのが極めて困難といえる。

○優位な駆け引きに持ち込む配球と投球術

 球種はいずれも一級品と呼べるだけの質を備えている山本。それでは、実際にそれらの球をどのように用いて投球を組み立てているのだろうか。プロ初完封を飾った2019年6月28日の西武戦を例に紹介したい。1点リードの場面で迎えた3回。2本の安打と四球で無死満塁という大ピンチを迎えた状況で、源田、外崎と対戦した場面での配球を見ていこう。

 源田に対する初球は外角低めに要求した捕手の構えとは異なり内角に行ったが、147キロで落ちる球にバットは空を切る。続く2球目は外角低めに今度は127キロのカーブを投じて再び空振り。3球目の145キロのフォークはボールとなり、4球目は再びカーブでファウル。変化球が4球続いた後の5球目、打者としては予測が難しい状況で155キロの速球を投じ、空振り三振に斬った。

 続く外崎に対しては初球の150キロのカットボールが外角低めに外れてボールとなり、2球目も同じく外角低めに150キロのカットボールを投じてファウル。3球目は外角低めに構えた捕手の要求とは異なりやや高めに浮いたが、153キロの速球で右飛に打ち取る。そして、タッチアップを狙った三塁走者は小田裕也外野手の好返球で本塁憤死。絶体絶命のピンチを無失点で切り抜けた。

 複数の速い変化球、緩急をつける緩いカーブ、そして155キロに達したストレートという、複数の引き出しを使い分け、打者との駆け引きを終始優位に進めた。それを可能とするだけの球種の多さと球速の幅、そして同点という大ピンチを迎えても動じずに腕を振り抜く強心臓という、優れた資質が大いに見えた場面だった。

○コントロール

 長いイニングを投げ抜くためのペース配分が求められる先発投手の方が、短いイニングを全力で投げ抜いてきっちりと抑えることが仕事のリリーフ投手よりも、制球という面では難しい要素が多いと言える。だが、山本の場合は、それとはやや異なる結果が出ている。リリーフとして活躍した2018年の与四球率は2.72。それに対し、先発を務めた2019年の与四球率は2.27と先発の方が与四球率が向上している。これは右腕の進化を示しているとともに、リリーフ時に比べ、より多彩な球種を操りながら、各球種の制球力も維持している能力の高さを証明してもいるだろう。

苦手な球団や成績の落ちる季節がないのも特徴

○苦手な球団がない

 先発投手にとって苦手球団を作らないということは、相性によってローテを組み換えなくて良く、少なからず意味を持つものだ。そんな中で山本が2018年と2019年の2シーズンでパ・リーグ球団に残した結果は以下のようになる。

 リリーフだった2018年は防御率9.95と楽天を極端に苦手とし、ロッテに対しても防御率4.09とやや苦戦していた。だが、2019年は両チームとの防御率は1点台と大きく改善している。また、2019年にはリーグ最高の得点力を誇る西武を防御率0.37と完璧に抑え込んでいる。5球団で最も防御率が悪かった日本ハムでも2.37という高水準で、どの球団に対しても安定した成績を残しているのも特徴的だ。

○時期による波の少なさ

 対戦相手別の成績と同様に、月別でも安定した成績を残している。2018年にはセットアッパーとして5月からフル回転を続けた影響もあってか、8月以降に防御率が大きく悪化した。だが、2019年には離脱期間こそあったが、すべての月で防御率2点台以下という安定感を発揮。前年に苦しんだ8月以降も好成績で乗り切った。

 ちなみに、試合時間別の成績に目を向けて見ると、2019年にはデーゲームの防御率が6試合で1.94だったのに対し、ナイトゲームの防御率は14試合で1.95。こちらの面でも双方の数字にほとんど差がなく、シチュエーションを問わない安定性の高さを裏付けるものになっている。

 以上のように、各球種の質、制球力、相手や時期を問わない対応力といった、投手として優れた要素を数多く備えている山本。投球の安定に寄与する点における質の高さが、防御率1点台での最優秀防御率という成績として結実したとも言えるだろう。さらに、まだ21歳という若さにしてこの完成度という点が底知れないポテンシャルの高さを示してもいる。

 2020年の初登板となった6月21日の楽天戦では、8回を投げて3安打、10奪三振で無失点という素晴らしい投球を展開。開幕2試合で11得点を奪っていた楽天打線を完璧に封じ込め、チームに待望の今季初勝利をもたらしている。27日にはロッテ戦で今季2度目のマウンドに上がり、チームの連敗ストップを託される。(「パ・リーグ インサイト」望月遼太)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)