逆転弾を浴びた抑え山崎はプロ入り初の牽制球を2球続けた

■阪神 8-6 DeNA(27日・横浜)

 DeNAは27日、横浜スタジアムで行われた阪神戦に6-8で敗れ、開幕第3戦から続いていた連勝が5でストップした。両チーム合わせて22安打の打撃戦は序盤から点の取り合いとなったが、1点リードしたDeNAが最後の1アウトを奪えず逆転負けとなった。デーゲームで巨人がヤクルトに敗れ、勝てば首位浮上となる一戦で、守護神の山崎が打たれてまさかの敗戦となったが、ラミレス監督は「最初から最後まで、息を呑むいい試合だった」と落ち込むことはなかった。

 2度のビハインドを跳ね返した打線は、途中交代したロペスと伊藤光を除いた先発野手全員が安打を記録するなど、11安打で6点を奪った。指揮官は「攻撃はよかった。みんなよくバットが振れているし、(逆転された)9回もチャンスを作った。そんな場面で打つこともあれば、打てないこともある。それが野球というもの」と、好調が続く打線を評価した。

 山崎は9回2死から崩れ、プロ入り初の牽制球を2球続けた。まさかの被弾でリードを守れなかった守護神に関しても「状態は悪くない。打たれる時もある。ヤス(山崎)は横浜スタジアムでの数字があまり良くないし、タイガース戦では過去にも同じようなことがあった。問題はない」。19年は本拠地で防御率1点台と安定していたが、18年は防御率5.08。それでも、18年から最多セーブに輝いている。指揮官の信頼は変わらなかった。

 先発のピープルズが5回5失点で降板。後を継いだ国吉が6、7回を無失点に抑えた後、3イニング目となる8回のマウンドにも上がり、安打と2四球で2死満塁となったところで石田に交代した。石田がピンチを凌いで1点リードは守ったが、頼みの守護神が土壇場で逆転弾を浴びた。

ピープルズ先発で救援パットン使えず、ロペスは負傷交代「また使い方を考えたい」

 ピープルズの先発による外国人枠の関係で、パットンがベンチ入りから外れていた状況もあったが、国吉の3イニング目は意外と思える采配だった。指揮官は「2イニングを投げてまだ20球で、状態も良かったので続投させた。ストレートもカットもよく、相手を圧倒した内容だったし、阪神には相性がいいということもあった」と、8回の続投の理由を説明した。

 外国人枠が采配にも微妙に影響した試合となったが、5回の打席で自打球を受けたロペスが「かなり痛みがあるということだった」と途中交代。試合を作れなかったピープルズに関しても「明日、トレーナーのチェックもあるので、そこでまた考えたい」と次回先発の確約はなし。「ロペスも含めて、明日の状態次第で、また外国人選手の使い方を考えたい」と複雑な表情を見せた。

 前日にはここ数年、対戦成績の悪かった阪神に快勝しながら「明日の対戦の方が重要になる」と、ラミレス監督は意気込んでいたが、痛い敗戦で連勝がストップした。カード勝ち越しのかかった28日のゲームは、根深い苦手意識を払拭するためにも、大事な一戦となる。(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)