MLB公式サイトのクレア記者「MLB通算盗塁数の1/3まで来ている!!」

■阪神 8-6 DeNA(27日・横浜)

 阪神のジャスティン・ボーア内野手の来日初盗塁に米メディアから熱い視線が注がれている。ボーアは27日のDeNA戦(横浜)で初回に来日初タイムリーを放つと、続くサンズへの4球目で二盗をマーク。メジャー通算6年間で3盗塁だった大砲の来日初盗塁について、大リーグ公式サイトのマイケル・クレア記者は「ジャスティン・ボーアはこれでMLB通算盗塁数の1/3まで来ている!!」と反応した。

 体重122キロの巨体を揺らして盗塁を決めた。米メディア「SBネーション」のマーリンズ専門サイト「フィッシュ・ストライプ」はツイッター上で意外な事実を伝えた。「ボーアはメジャーリーグでの盗塁成功率は100%だった。今のところ、日本でもパーフェクトだ」。

 ボーアはマーリンズ時代に同僚だったイチロー氏を敬愛し、17年オフには来日してイチロー氏と自主トレを行っている。ボーアの走塁は、現役時代に盗塁成功率を重視していた“師匠”譲りなのだろうか。(Full-Count編集部)