柳田は「自分の良いスイングで打つ事が出来ました」とコメント

■西武 – ソフトバンク(28日・メットライフ)

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が2試合連続のバックスクリーン弾を放った。28日、メットライフドームで行われた西武戦。2試合連続で「2番・中堅」でスタメン出場すると、前日に続き、1打席目に先制の本塁打を放った。

 前日の映像を見ているようだった。初回1死走者なしで打席に立った柳田。西武先発の與座が1ボール1ストライクから投じた真っ直ぐをフルスイング。高々と舞い上がった打球は前日と同じく中堅バックスクリーンへと飛び込む先制の3号ソロとなった。

 前日27日の同戦で今季初めて2番で起用されていた柳田。その第1打席で詰まりながらバックスクリーンまで運ぶ先制の2ランを放っており、2試合連続でバックスクリーンへ。柳田は球団を通じて「打ったのはストレート。自分の良いスイングで打つ事が出来ました。今日は絶対勝ちたいし、まだまだこれからです」とコメントした。

 この2試合続けての初回バックスクリーン弾を「DAZN(ダゾーン)」の公式ツイッターが動画で紹介。ファンからは「打球がエグすぎる」「見てて気持ちいい」「ギータエグいな」「スターだなあ」と絶賛するコメントが寄せられていた。(Full-Count編集部)