台湾の人気女優の梁以辰さんがキュートな笑顔で観客を魅了

 新型コロナウイルスの影響で開幕が延期となっていたプロ野球がいよいよ開幕。連日熱い闘いが繰り広げられている。試合の幕開けといえば、やはり始球式。当面の間、NPBでの始球式は行われないが、一足先に有観客試合が始まっている台湾プロ野球では始球式も行われている。

 6月27日に行われた台湾プロ野球の中信兄弟対富邦ガーディアンズの試合。この一戦で始球式を行なったのは台湾の人気女優の梁以辰(リャン・イーチェン)さんだった。

 台湾のテレビドラマや映画に出演するだけでなく、歌手としても活動する梁さん。台湾テレビ局で放送された人気ゲーム「人狼ゲーム」を行う番組「凹鳴狼人殺」に出演しており、台湾メディアでは「狼人殺女神」と称されている。

 中信兄弟の黄色のユニホーム、ネイビーのショートパンツに身を包んで登場すると、まずはスターティングラインナップを発表して観客から大きな拍手を受けた。そして、その後、マウンドへ。ユニホームの裾を縛り、お腹を覗かせたスタイルで投球に入った。

 大きく振りかぶって投じたボールは惜しくもワンバウンドでの投球に。それでも、そのキュートな笑顔と美貌でスタンドのファンを魅了していた。7月10日から有観客試合が再開されるプロ野球。日本でもまた始球式が見られる日常が戻ってくることを期待したい。(Full-Count編集部)