三遊間のゴロを捌き、ノーステップジャンピングスローで牧原をアウトにした源田

■西武 4-3 ソフトバンク(28日・メットライフ)

 28日のソフトバンク戦でサヨナラ勝ちし、3連勝を飾った西武。同点で迎えた9回無死満塁で森友哉捕手が中前適時打を放って試合を決めた。このサヨナラ劇の直前、9回の守備で西武の名手・源田壮亮内野手が見せた見事なファインプレーにファンが喝采の声を挙げている。

 3-3の同点で迎えた9回だった。2死からソフトバンク牧原が増田から放った打球は三遊間へのゴロとなった。これを逆シングルで捕球した源田。すぐさまボールを握り変えると、ノーステップで一塁へジャンピングスロー。ノーバウンドで見事なストライク送球を送り、俊足の牧原を間一髪のところでアウトにした。

 この超絶プレーを「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeが動画で紹介すると、ファンからも「たまらん」「うますぎる」「これには衛藤美彩もニッコリ」「取ってから早すぎてビビった」「左の牧原をあの深さからアウトにできるってまじでたまらんすぎて悶えた」「源田たまらん」「これまじでエグいだろ」と絶賛のコメントが相次いだ。

 9回を3者凡退で終わらせる、2年連続ゴールデングラブ賞の源田の好守。その裏のサヨナラ勝ちに結びつくスーパープレーだった。(Full-Count編集部)