DeNAは今永ら大卒投手が投手陣を牽引している

 DeNAは30日から巨人との首位攻防戦に挑む。DeNA先発陣に欠かせないのが“大卒投手”の存在だ。坂本裕哉投手は25日の中日戦(横浜)でプロ初登板、初先発初勝利をマークした。立命館大からドラフト2位で入団した坂本はオープン戦、練習試合で結果を残して開幕ローテ入り。開幕6戦目での初登板は5回までノーヒットの快投を見せ、6回に足首を捻るアクシデントで降板したが、打線の援護もあり、勝ち投手となった。

 開幕早々の坂本の勝利でDeNAは15年以降、大卒ルーキーが5年連続で勝ち星を記録した。15年はクローザーの山崎康晃(亜大卒)が2勝37セーブで新人王に輝き、先発でも石田健大(法大卒)が2勝をマークした。16年は今永昇太(駒大卒)が8勝。17年は浜口遥大(神大卒)が10勝と2桁勝利を記録し、18年も東克樹(立命大卒)が11勝で新人王に輝いた。

 ここまで山崎康以外が全てサウスポーで「左腕王国」と呼ばれた19年は、ドラ1右腕の上茶谷大河(東洋大卒)が先発ローテ入りして7勝を挙げた。昨年のドラフトでは、1位指名で高校生内野手の森敬斗を獲得したが、2位の坂本が記録を引き継ぐ形となった。今季は明大からドラフト3位で入団した伊勢大夢も開幕1軍入りを果たしており、大卒選手を中心とした投手王国が現実的なものとなっている。

 この現状の背景には、徹底したドラフト戦略がある。DeNAは14年以降、1位入札は大卒の投手で、14年は有原航平(早大)の抽選を外して山崎康、16年は柳裕也(明大)、佐々木千隼(桜美林大)を外した後、浜口を獲得している。

 18年は競合覚悟で高校生の小園海斗内野手(広島)にチャレンジしたが、抽選を外すとすぐに上茶谷と従来の路線を引き継いだ。19年はドラフト前の予想では明大の森下暢仁の指名が有力視されていたが、競合を避けて前年逃した高卒野手の森を指名。それでも2位で坂本を獲得と、方針にブレはなかった。

 上位指名がほとんど例外なく活躍するのはスカウトの眼力の賜物と言えるが、大卒投手の連続上位指名は好循環をもたらしている。球団初の左腕投手による初登板、初先発初勝利をマークした坂本は、立命大で東の2年後輩。東は坂本が「大学で絶対にプロになろうと思ってやってきた。東さんという最高のお手本がいて、先にプロ入りされて基準にもなった。あの人がいたからこそプロになれたと思う」と、学生時代からその背中を折ってきた存在だ。

大卒投手間で好循環も東、上茶谷ら故障者が出ている

 さらにプロ入り後は、チームのエース格である今永に師事した。坂本のプロ初登板の前、今永は「特にアドバイスをしたことはないが、いつも質問をよくされる。登板の前に何を食べるかとか聞かれたので、自分のルーティンを話した」とルーキーに助言した。坂本だけでなく、エース格である今永は後輩へのアドバイスを惜しまない。26日の阪神戦で今季初勝利を挙げた今永は「開幕戦で勝てなかった後、この1週間は他の先発のみんながいいピッチングをして勝っていた。浜口やルーキーもいい投球をして、自分も頑張らないといけないと思った」と、投手陣の間で競争意識も高まっている。

 5年連続で大卒のドラフト上位投手が活躍と、前途洋々に見えるベイスターズ投手陣だが、不安もある。選手のコンディション面の問題だ。今永はプロ2年目に初の2桁となる11勝をマークしたが、翌年のシーズン前に左肩違和感を発症し、18年は復帰後も中継ぎに配置転換されるなど、4勝11敗と大きく負け越した。チームの新人として20年ぶりの2桁勝利を記録した浜口も、2年目のキャンプで発症した左肩の違和感が長引き、この年はわずか4勝に終わっている。

 18年の新人王・東も、翌年に左肘の炎症で4勝止まり。今年2月には左肘の内側側副靭帯損傷が判明してトミー・ジョン手術を行い、今季中の復帰は絶望的の状況だ。昨年7勝をマークし、待望の右のエース候補として期待された上茶谷も、今季は右肘の違和感で開幕1軍を逃している。

 1軍でブレークして以降、その後もコンスタントに成績を残しているのはリリーフの山崎康ぐらいで、先発で好成績を収めた投手は軒並み翌年に故障しており、2年連続で2桁勝利を記録している投手はいない。今季、開幕早々に偉業を達成した坂本も、痛めた足首の状態が思わしくなく、指揮官は「2軍でしっかり治療してもらうことにした」と、早々の戦線離脱となった。

 26日の試合で完封目前の今永を「無理をさせる必要がない」と降板させるなど、ラミレス監督の采配は選手に無理を強いるものではない。特殊なシーズンとなった今季はリリーフ投手をこまめに抹消して休ませるなど、体調面への配慮が感じられる。チームもアスレティックトレーナーが栄養面から選手に徹底させるなど、コンディション面では細心の注意も払っている。

 今永と浜口は、現在は故障から復活して先発ローテの中心として活躍している。能力の高い選手の故障をいかに防止し、ベストなメンバーを維持することができるか。大卒ドラフト上位指名投手による真の「投手王国」の確立は、選手の体調管理がカギを握ることになりそうだ。(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)