デズモンドは自身のインスタグラムで今季の公式戦に出場しない意向を表明

 ロッキーズが緊急補強を行う可能性が出てきた。イアン・デズモンド外野手が今シーズンの出場を辞退したことで手薄となった外野陣にマーリンズのマット・ケンプ外野手を獲得することが濃厚になった。MLB公式サイトが伝えている。

 デズモンドは新型コロナウイルスの影響を懸念し家族との時間を優先。自身のインスタグラムで今季の公式戦に出場しない意向を表明。これを受けロッキーズはすぐさま動いた。

 オフにマーリンズとマイナー契約を結び、キャンプ60人枠に外れていたケンプに白羽の矢を立てた模様。すでに米全国紙「USAトゥデイ」のボブ・ナイチンゲール記者は自身のツイッターでロッキーズがケンプと合意したことを伝え、MLB公式サイトも「マット・ケンプはロッキーズに入団することが予想されている」と速報した。

 ケンプはドジャース、パドレス、ブレーブス、レッズでプレーし通算打率.285、281本塁打、1010打点、183盗塁をマーク。球宴には通算3度出場し、2011年には本塁打王と打点王に輝いている。正式契約となればロッキーズでは左翼手、指名打者としての起用が予想される。(Full-Count編集部)