「斎藤が投げて負けたらしようがない」とはっきり割り切れるエース

 読売巨人軍史上屈指の好打者で通算1696安打を放ち、守備でも名二塁手として鳴らした篠塚和典氏(1992年途中までの登録名は篠塚利夫)。Full-Countでは、篠塚氏が現役時代にともに戦った名投手たちを振り返る「篠塚和典 背中を見てきた投手たち」を連載中。今回は11試合連続完投勝利の日本記録を樹立し“ミスター完投”の異名を取るなど、長年巨人のエースの座に君臨し、2016年に野球殿堂入りも果たした斎藤雅樹氏の素顔を明かす。

 埼玉・市立川口高からドラフト1位で入団した斎藤氏の1年目にあたる1983年、篠塚氏はすでにプロ8年目・26歳の中堅選手だった。「斎藤は最初、高校から入ってきたということもあって線が細かった。心臓が弱いというか、ちょっと打たれた時にマウンドに行ってみると、顔が真っ青でさ。『大丈夫かな?』っていうのが最初の印象だった。ここまでになるとは想像してなかったね。優しい雰囲気の選手で、自分からグワーッと向かっていくタイプではなかったよね」と苦笑まじりに振り返る。

 斎藤氏は早くも1年目の5月、当時の藤田元司監督のアドバイスで、オーバースローからサイドスローに転向した。投球する際の腰の動きが横回転で、サイド向きだったといわれている。一方で強肩と打撃センスを買われ、野手転向を勧める声もあった。「遊撃手にすれば近い将来レギュラーになれる」と断言するコーチもいた。しかし、篠塚氏は「確かにそういう話もあったけれど、投手で正解だったんじゃないの? われわれ野手の目から見れば、(野手に転向していたら)そこそこはやれたのかなという程度で、そんなに長くはできなかったのではないかと思う」と明かす。

 斎藤氏は2年目の84年、就任1年目の王貞治監督(現・ソフトバンク球団会長)のもとで1軍デビューを果たし、翌85年には12勝を挙げたが、以後の成績は下降線。87、88年はもっぱらリリーフ要員だった。

 ところが、藤田氏が監督に復帰した89年、ひ弱なイメージが抜けなかった斎藤氏がガラリと変貌を遂げた。5月10日の横浜大洋(現・DeNA)戦から11試合連続完投勝利の日本記録を樹立し、20勝7敗、防御率1.62の成績で最多勝、最優秀防御率、沢村賞を総なめ。翌90年も20勝と最多勝、最優秀防御率の2冠を達成した。

「がらっと変わった感じだったね。マウンドで笑顔を見せたりとか。1年の間にも、だんだん良くなっていくのが後ろで守っていてわかった。野手のわれわれに詳しい内容はわからないけれど、斎藤が納得いくように恩師の藤田監督がアドバイスをしたのだと思う。どこかで本人が自信をつかんだんだろうね」とみる。

 最多勝5回、最優秀防御率3回、最多奪三振1回、沢村賞3回、MVP1回。通算180勝96敗。その後も斎藤氏は巨人の絶対的エースとして君臨し、盤石の安定感を示した。

守っていても、気持ちの余裕「自分の打撃のことを考えられた」

 その投球スタイルは、球威で圧倒するのではなく、駆け引きの妙があった。「スピードはそれほどでなく、140キロちょっとくらいだったかな。シュート、速いスライダー、タイミングをずらすカーブを内外角に投げ分け、それを意識させながら今度は速い球を投じて打者を翻弄した。球が速くてスゲーという感じではなかったけれど、楽しそうに投げてたよ。コントロールがいいから、われわれも守りながら彼のピッチングの組み立てを楽しむことができた。それにリズムを大事にしていて、ポンポンポンポンと投げるタイプだったから守りやすかった」と篠塚氏は説明する。

 さらに「斎藤が投げる時は、守っている時でも自分の打撃のことを考える時間が長かったかもしれない」と打ち明けた。

 守備に就いている野手が自分の打撃のことをあれこれ考えるというのは、決して褒められることではないが、それほど斎藤氏の投球がバックに安心感を与えていたということなのだろう。「そうそう。彼は放っておいても彼の仕事をやる選手なので、こっちもこっちの仕事をしようと。もちろん、しっかり守ってはいたけれど、何も心配することがなかったんで、守りながら少しバッティングのことを考えたりね」と笑った。

 そんな斎藤氏にまつわる、数少ない“打たれた記憶”といえば、初の20勝を挙げた89年の8月12日。ナゴヤ球場で行われた中日戦で9回1死までノーヒットに抑えていたが、音重鎮氏の詰まった当たりの初安打をきっかけに崩れ、最後は2死一、三塁で落合博満氏に逆転サヨナラ3ランを被弾。3-4で敗れた。「あの一発に限らず、落合さんにはよく打たれた印象はあるね。あれだけのバッターになると読みもいいし、技術もある。誰が投げても嫌なバッターだったと思う。守っていて(2人の対決は)見ごたえがあったよ」と篠塚氏は懐かしむ。

 数々の名投手の後ろを守ってきた篠塚氏だが、その中でも斎藤氏の安定感は突出していた。「『斎藤が投げて負けたらしようがない』と、はっきり割り切れるエースだった。斎藤が投げる時は、自分のことをやって、彼も自分の力を出してくれれば勝てると、野手はみんな思っていたんじゃないかな」と、今も頼もしげに思い返すのだった。(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)