BC埼玉武蔵で12年ぶり国内復帰、記者会見で問われた「田澤ルール」への想い

 元メジャー右腕・田澤純一投手が13日、ルートインBCリーグの埼玉武蔵ヒートベアーズと契約を結び、埼玉・熊谷市内で入団会見に臨んだ。会見では、自身が2008年に米レッドソックスとメジャー契約を結んだことを機に生まれた、いわゆる「田澤ルール」に関する質問もあり、「そういったルールがなくなってくれればいいな、という気持ちは、個人的にはあります」と率直な想いを語った。

 新日本石油ENEOS(現ENEOS)に在籍した2008年、都市対抗野球などで大活躍した田澤は、その年のドラフト1位指名候補として注目を浴びていた。だが、ドラフトを約1か月後に控えた9月11日、田澤は記者会見を開き、メジャーを目指す決意を表明。当時、ドラフト注目選手がNPB球団にドラフト指名を見送るよう求めることは極めて異例で、大きな波紋を呼んだ。その結果として、作られたのが「田澤ルール」だ。

 ルールの骨子は「アマチュア選手がNPBのドラフト指名、もしくはNPB入りを拒否し、海外球団と選手契約を結んだ場合、海外球団を退団した後も大卒・社会人は2年間、高卒は3年間はNPB所属球団との契約を禁止する」というもの。このルールに対する田澤自身のスタンスは、12年前から変わらない。

「日本では2度とプレーできないだろう」という覚悟、「自分が進みたい道を選んだだけなのに……」という正直な気持ち、「自分のせいでルールが生まれ、海外を目指す選手の選択肢を狭めてしまったのではないか……」という責任感、「田澤ルール」という言葉について回るネガティブなイメージへの戸惑い、などなど。「田澤ルール」の話になると、決まって表情は曇り、声色も困った様子になる。

 この12年で社会のグローバル化は進み、野球選手を取り巻く環境も大きく変わった。小学生は将来の夢に「メジャーリーガー」と書き、メジャーの情報やニュースは時差なく入手できる。さらに、NPB球団にメジャーのドラフト1位選手が入団する世の中だ。有望な日本人選手の海外流出を防ぎ、守らなかった選手に罰則を与える「田澤ルール」は、どこか座りの悪い、時代遅れのルールにも見える。

自身のNPB入りについては覚悟「ルールがあるのは従わないと…」

 だが、ルールはルール。この日の記者会見で34歳右腕は、将来的なNPB球団入りについて問われると「いろいろなルールもありますし、難しいかなと思います」「2年間っていうルールがあるのは従わないといけないと思っています」と、覚悟を決めている様子を明かした。だが、同時に「そういったルールがなくなってくれればいいな、という気持ちは、個人的にはあります」と言及したのは、なぜか――。

 それは、自分自身のため、ではなく、これから海外を目指す“後輩”たちを思ってのこと。自分が味わっている窮屈さや複雑な思いを感じずに、思い切って自分が進みたい道を歩める環境になってほしいと願うからだ。

 決して自己主張するタイプではないが、メジャー通算9シーズンで通算388試合登板、21勝26敗4セーブ89ホールド、防御率4.12という成績は胸を張って然るべきもの。ルールだとは言え、実績ある選手が自国のプロ野球でプレーできず、その経験を伝えるチャンスを与えられないのは、残念なことでしかない。

 一方、角晃多GM兼監督の熱烈なラブコールが実を結び、田澤獲得に成功したBC埼玉武蔵は、貴重な戦力を得たと同時に、NPBを目指す若い選手たちと経験豊かな田澤を繋ぐ貴重な場を提供することになった。大きく日本球界という視点で捉えた時、BC埼玉武蔵の果たした役割は大きな意味を持つことになるだろう。

 BC埼玉武蔵の角GM兼監督は、こんなことも言っている。

「行き場がなくなった選手を受け入れるのがBCリーグではなく、次のステップに進むための場がBCリーグだと思っています」

 田澤自身は「まずはこのチームと契約したので、このチームで頑張るということが大事」とBC埼玉武蔵への貢献を協調したが、新しいチームメートと同じように、34歳右腕にとってもBCリーグが次のステップに進むための場となることを願いたい。(佐藤直子 / Naoko Sato)