若手主体の打線に対し3回1/3で4四球1死球1奪三振2安打1失点

 エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地で行われた変則ルールの紅白戦で先発。3回1/3を投げ、2安打1失点だった。2018年10月の右肘トミー・ジョン手術からの復帰2戦目も5四死球と課題を残した。登板後、大谷は「前回よりは良かった。クイックも含めて出来た。真っ直ぐもまずまずだったんですけど、決めにいった変化球が。そこが良くなれば三振も取れるし、まとまりは出てくると思います」と振り返った。

 トラウト、レンドン、プホルスら主力組の先発投手として登板し、若手主体の打線と対峙した。初回は先頭のアルカンタラを空振り三振。ウォードは3球目で三ゴロとした。ベンブームは2ボール1ストライクから一ゴロ。3者凡退と上々の立ち上がりを見せた。

 2回は2死から死球、四球で一、二塁のピンチを招いたが、ジョーンズを右飛に。3回は先頭打者に四球を与えたものの、後続を打ち取った。4回は無死一塁からアデルに左越え二塁打を許し、続くロハスに右前適時打を浴びた。1死三塁から再び四球を与えたところで投球は打ち切り。3回1/3で64球を投げ、2安打1失点。1奪三振で4四球1死球だった。「深刻とは思ってないですかね。メカニックも含めて100%の感覚では投げていない。そこは修正次第かなと思います」と振り返った。

 大谷は7日(同8日)に本拠地で行われた紅白戦で674日ぶりに試合登板。打者延べ10人に対して1安打1失点。50球で全球種を投げたが、7四球と制球面に課題を残していた。この日は中6日を空けての登板。二刀流として期待されるシーズン開幕へ不安定な制球を克服できるか注目される。(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)