ハム大谷、162キロも粘投2勝目 栗山監督「良くなかった」「まだまだ全然」

ハム大谷、162キロも粘投2勝目 栗山監督「良くなかった」「まだまだ全然」

メジャー17球団視察の中で6回5安打5四球、援護した打線は「みんな集中していた」

 日本ハムは21日、ソフトバンクに6-4で勝利した。先発の大谷翔平投手が6回108球を投げて、5安打5四球1失点。メジャー17球団27人が視察する中、制球に苦しみながらも、今季4度目の先発マウンドで2勝目(2敗)を挙げた。

 打線は初回の中田の先制打の後、3回には石井一、西川、松本の3連打で2点を加え、横尾の5号2ランも飛び出して一挙4得点。5回には大田の右犠飛でリードをさらに広げた。

 栗山英樹監督は試合後、大谷について「良くなかったですね」とし、援護した打線を「みんな集中していた」と称えた。

――大谷投手について。

「良くなかったですね」

――監督が想定されたものがあったと思うが。

「普通に行ってくれないかなと思っていましたが、まだまだ全然ですね。フォームのバランスも」

――次回に向けて決まっていることがあれば。

「何も。考えます」

――打つ方は横尾選手がまたホームラン。

「(大谷)翔平を勝たせようという雰囲気があったし、みんな集中していた。(松本)剛も体の疲れとかあると思うけれど、粘りながらいい仕事をしているし、横尾もなかなか自分のフォームで振らせてもらえない中で、自分の特徴をしっかり出そうとしている。良かったと思います」

――次、札幌に戻ってくるまで1週間。一言お願いします。

「本当に残り試合少ないですが、変な話、こっちが先に他のチームよりも前に向かって進んでいるつもりがある。ただ、それがしっかり次につながっていかないと意味がないので、しっかりやります」(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索