昨年7月、高校時代から痛みを抱えてきた右腕にメスを入れる決断をした

 2015年夏の甲子園で準優勝、ドラフト6位でオリックスに進みながら、わずか3年で戦力外となった佐藤世那。現在はNPB復帰を目指し、クラブチーム『横浜球友クラブ』で練習を続ける。プロへ近い独立リーグでなく、クラブチームを選択した理由は何だったのか。戦力外から2年目のときを経て、そのすべてを激白した。

「すみません、今笑顔は封印してるんです。僕は笑ってられるような立場じゃないんで」。カメラを向けられた佐藤は、そういって困ったようなぎこちない表情を浮かべた。昨年7月、トミー・ジョン手術を決断。長年抱えてきた痛みと引き換えに、右腕には生々しい手術痕が残る。

「これでも有名な先生にすごくきれいに施術してもらったんですよ。高校2年の神宮大会が終わった頃から、痛み止めじゃ効かなくなって、病院にいったら疲労骨折と言われた。トミー・ジョンか、骨片を取るクリーニング手術か、痛みを我慢して投げ続けるか。選抜も決まっていたなか、1年間はノースローのトミー・ジョンを受けていたら間違いなく夏も投げられない。クリーニングだったら夏は間に合うかもしれないけど、選抜では投げられない。あのとき手術するという選択肢はなかったし、それは今も後悔していません」

 痛みを抱えながらも、夏の甲子園では準優勝。その後行われたU-18でも実質的なエースとして日本代表の準優勝に貢献した。だが、怪我の影響と「アーム式」と呼ばれる投球フォームから指名順位は高くはなかった。チームメイトの平沢大河がロッテ1位で指名されるなど、同期が続々と上位指名を勝ち取るなか、焦りが佐藤の心を支配していく。

「手術を受けるなら、プロに入ってすぐだった。そこは悔いが残ります。もともと自分は3〜4年かかる投手で、焦る必要がない1年目にちゃんと手術を受けておけばよかったなと。でもね、やっぱり投げたいんですよ。『焦る必要はない』と言われながら、それでも焦る気持ちを抑えられなかった」

「独立リーグが近道なのはわかってる」あえてクラブチームを選択した理由

 サイドスローへの転向など試行錯誤しつつも、球団からは3年目のオフに戦力外通告を言い渡された。新たなスタートを切る場所として、NPBに近い独立リーグではなく、クラブチームを選んだのには理由がある。

「独立リーグの方がNPBへの近道になるというのはわかっていた。でも、怪我を抱えているなか、戦力外になって1年で戻れるという自信がなかった。独立もプロである以上、給料を払って戦力として取ってくれるわけですし、NPB以上に代わりの投手はいない。どこかで手術を受けなきゃいけないとは思ってましたし、取っていただいたチームに迷惑をかけるわけにもいかない。環境や待遇も考えて上で、僕にそこまでの覚悟がなかったということ」

 選手の自主性を重んじる高校時代と同じクラブチームの環境で、かつてのフォームを模索し練習を再開。高校時代に計測した自己最速の149キロには及ばないものの、球速も144キロまで戻ってきている。だが、NPB復帰を目指すなかでコロナ禍が到来。今秋トライアウトに向けては、焦らず状況を見定めている。

「NPBへ戻る目標のためだけに野球をやっている。そこは今も変わってません。今のところ受けたい気持ちはありますけど、そもそも例年通り開催されるのか。トライアウトを受けるからには、ダメだったら諦めるくらいの思いをかけて臨まないと。自分の年齢、状態、自信や世の中の情勢次第。まだわからないです」

 それでも、NPBに届かないままズルズルと現役を続けるつもりはない。「今23ですが、あと1年かなと思ってる。大卒社会人2年目が、ドラフトでも大体ギリギリ。どうなるかはわからないですけど、どんなにやってもそこまでしかできないと思ってます」。残された時間はあとわずか。自らの意思で手術を拒んだ高校時代同様、悔いを残すつもりはない。(佐藤佑輔 / Yusuke Sato)