2回に先制3号ソロ、右前腕筋損傷後に即結果を残した

■マリナーズ – エンゼルス(日本時間7日・シアトル)

 エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地・マリナーズ戦で「4番・指名打者」で先発出場した。右屈曲回内筋群の損傷後は初の打者出場。2回先頭の第1打席で左越えへ先制3号ソロを放ち、4回の第2打席は四球で出塁した。

 2回先頭。1ボールから、右腕ウォーカーの外角カーブを捉えた。左翼後方へ高々と舞い上がった打球はフェンスを越えた。出場2試合ぶりのアーチで先取点。打球速度102マイル(約164.1キロ)、飛距離351フィート(約106.9メートル)。打球角度39度の“ムーンショット”だった。

 4回無死一、二塁の第2打席では四球を選んだ。ラステラの適時打、アップトンの押し出し死球を演出し、同1死満塁からはスタッシーの右犠飛で4点目のホームを踏んだ。

 大谷は2日(同3日)の登板後に右屈曲回内筋群の損傷と診断された。投球再開まで4〜6週間。マドン監督は今季中に投手として登板することがないことを明言し、患部の状態を見て指名打者として起用する方針を示していた。残り試合で打者専念となった大谷は5日(同6日)に会見し、「打撃ではないかなと思います。切り替えていきたいと思ってます」と意気込みを語っていた。

 右前腕負傷後もチームに同行していたが、2試合連続で欠場していた。試合前までの今季打撃成績は27打数4安打の打率.148、2本塁打、7打点。7月31日(同1日)の本拠地アストロズ戦以来の打者出場で即結果を残した。(Full-Count編集部)