ソチ五輪スピードスケート銀メダルのアルバレスは6日にメジャーデビュー

■マーリンズ 4-3 メッツ (日本時間8日・ニューヨーク)

 2014年ソチ五輪のスピードスケート・ショートトラック銀メダリストで、5日(日本時間6日)にメジャーデビューを果たしたマーリンズのエディ・アルバレス内野手。7日(同8日)には「2番・二塁」で先発出場し、メジャー初ヒットはお預けとなったが、守備では驚異の跳躍力を披露した。

 3点リードの8回無死一、二塁の場面で見せ場が訪れた。左打者マクニールが放った痛烈なライナーはアルバレスの頭上へ。この打球に反応した五輪銀メダリストは完璧なタイミングでジャンプ一番、見事グラブにボールを収めた。スローで見ても“エアジョーダン”のシルエットのような美しい飛型だった。

 マーリンズ公式ツイッターがこのプレーを動画で公開すると、ファンからは「アメージング」「エグい」「冗談でしょ?!!!!」「キャッチと着地に10点」「ブラボー、エディ!!!!」と、その身体能力の高さに驚きのコメントが寄せられた。

 他競技での五輪メダリストがメジャー公式戦に出場するのは、1912年ストックホルム五輪で陸上十種、五種競技で金メダルのジム・ソープ氏以来2人目の快挙。また、ソープ氏はNFLでも活躍し、殿堂入りを果たしている。(Full-Count編集部)