両親、彼女、友人たちの来日計画は白紙「帰国する機会がないかもしれない」

 2018年の米ドラフトでブレーブスに1巡目指名されながら、入団せずに大学へ進学し、2019年にソフトバンク入団を選択したことから注目を集めたカーター・スチュワートJr.投手。2年目の今季は1軍デビューを目指して2軍で汗を流しているが、そんな中、新型コロナウイルスの影響で世界中が大混乱に。家族や友人にいつ会えるかわからない現状を米メディア「ESPN」に語っている。

 2月には宮崎キャンプでA組(主力組)の紅白戦に登板。最速153キロをマークし、2回を投げて1安打1四球無失点と順調な2年目のスタートを切っていた。そこに到来した新型コロナ禍。記事によると、アメリカにいる両親、彼女、友人たちが当初、日本に会いに行くことを計画していたが、計画は無期延期となったという。

「長い夏、長い年になるんだなって感じだった。(来年の)春季キャンプまでここにいなきゃならないなら、そうなるかもしれない。帰国する機会がないかもしれない。本当に辛く感じるだろうね。友人、家族、彼女が来年の夏まで来られないとしたら、乗り切るしかない」

 福岡から母国の友人たちとつながるために、余暇はオンラインゲームに興じているというスチュワート。母のパットさんも母国を感じてもらうために、好物のキャンディや日本版よりも甘いアメリカのマウンテンデューなどを送っているという。

マイナーリーグ中止に父「同じ時にドラフトされた選手たちはお金をもらえていません」

 日本のプロ野球が3か月遅れで6月19日に開幕した一方で、アメリカではメジャーこそ開幕にこぎ着けたもののマイナーリーグは中止に。仮にスチュワートがドラフトで入団していれば今季はプレーできなかった可能性が高い。また記事では、家族が感染者の多いフロリダ州オーガリーに住んでおり、姉のレイチェルさんは6週間前に新型コロナウイルスに感染したことも明かされており、野球どころではなかったかもしれない。

 この状況に「国として、上手く対応している。すごく上手くやっているよ。すぐに野球ができるようになったのは有り難い」と、記事内で語っているスチュワート。さらに父のスコットさんも、2年前の異例の選択がこの状況になって良い方向に進んでいると感じているようだ。

「『日本の球団と契約して幸運だったよ。野球ができて、お金がもらえるんだから』と伝えています。同じ時にドラフト指名を受けて契約した選手たちはお金をもらえていません。野球すらできていないんです。マイナーレベルで投げていて、メジャーリーグの給与がもらえるんです。今年の後、まだ契約が4年残っています。彼にとって良かったと思います」

 現在は「野球のフィールドでは全く問題ない」と、プレーに集中しているという20歳右腕。近い将来の1軍デビューを期待したい。(Full-Count編集部)