近藤への初球に156キロ、続く中田には148キロのフォークで空振り三振を奪う

■日本ハム – ロッテ(19日・札幌ドーム)

 ロッテの澤村拓一投手が19日、敵地での日本ハム戦の7回から4番手としてリリーフ登板。最速156キロの直球とフォークを交え1イニングを無安打無失点1奪三振の好投を見せた。

 澤村は3点ビハインドの7回に4番手として登板。先頭の近藤への初球にいきなり156キロをマークすると、最後は151キロのフォークで一ゴロ、続く中田は148キロのフォークで空振り三振、そして渡邉を154キロの直球で中飛に仕留め無失点で抑えた。

 これで澤村は移籍後3試合連続無失点。計3試合で3回無安打5奪三振無失点、防御率0.00と完全投球を続けている。(Full-Count編集部)