明大1年生の西川黎が2安打、春の開幕戦に続く“早川撃ち”

 東京六大学秋季リーグ戦が19日に行われ、早大の155キロ左腕・早川隆久(4年)が17奪三振で1失点完投。明大の153キロ右腕・入江大生(4年)とのドラフト1位候補対決で圧巻のパフォーマンスを披露したが、早川から唯一安打を放ったのが、明大の1年生・西川黎外野手だった。

「Meiji」の期待のルーキーが躍動した。西川は初回1死から1ストライクからの2球目をセンター前に運ぶと、9回2死一塁ではレフトへの二塁打を放ち、タイムリーに。ともに早川の武器のストレートを弾き返し、完封を阻止。打線は2安打に封じられたものの、これを一人で打ったのが西川だ。1年生ながら、17奪三振を演じたドラフト1位候補に対峙し、ポテンシャルを発揮した。

「追い込まれてしまったら打つことできない。追い込まれる前に一球で仕留められるように、昨日も(練習で)速いボールをしっかりと目慣らしして、試合前から準備して打席に入った」

 大学デビュー戦となった春の開幕戦・早大戦でも早川から大学初打席でタイムリーを放ち、初打席初安打初打点というおまけつきで結果を出しており、この勝負強さに大物ぶりが伺える。

 高校時代は名門・履正社で昨夏の甲子園に出場した。主に「6番・右翼」で全試合スタメン出場して本塁打も記録。井上広大(現阪神)らとともに日本一を達成した。将来のプロ入りを夢見て、高校の先輩である竹田祐(3年)、西山虎太郎(2年)がいる明大に進学。当初は「練習の中から一球に対する執着心があり、自主練習の量が物凄く多い」と驚いたが、持ち前の打撃力で1年春からレギュラーを掴んだ。

 春は全5試合にスタメン出場し、17打数4安打3打点で打率.235。主に下位で起用されていたが、この日は「2番・左翼」を託された。黒星発進となった一戦で、期待の1年生がキラリと光った。(神原英彰 / Hideaki Kanbara)