最下位のオリックスが4勝1敗1分けと大きく勝ち越し、首位を争うホークス、ロッテは負け越し…

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で3か月遅れで開幕を迎えた2020年のプロ野球。120試合制で行われるシーズンはいよいよ終盤戦に突入している。セ・リーグは巨人がマジック24と首位を独走し、パ・リーグは首位のソフトバンクとロッテがゲーム差1の接戦を繰り広げている。

 9月21日から9月27日までの1週間の選手成績を振り返り、Full-Count独自に週間ベストナインを選出した。今回はパ・リーグ第15週だ。

【パ・リーグ現在の順位表】
1 ソフトバンク 86試合47勝35敗4分
2 ロッテ 86試合42勝37敗2分 1.0
3 楽天 86試合42勝41敗3分 4.5
4 西武 84試合40勝42敗2分 1.5
5 日本ハム 86試合40勝43敗3分 0.0
6 オリックス 86試合31勝49敗5分 7.5

【パ・リーグ第15週】
1 オリックス 4勝1敗1分
2 西武 4勝2敗
3 日本ハム 3勝3敗
3 楽天 3勝3敗
5 ロッテ 2勝4敗
6 ソフトバンク 1勝4敗1分

 首位のソフトバンクが大きく負け越したが、2位のロッテも2勝4敗でゲーム差は「1」となり熾烈な首位争いが続いている。リーグ3連覇を狙う西武は4勝2敗と勝ち越し、最下位オリックスは9月好調で15週も勝ち越し、Aクラスの鍵を握っているかもしれない。

オリックスのモヤは打率.292ながら4本塁打10打点の“リーグ2冠”

【第15週パ週間ベストナイン】
先発 山本由伸(オリックス)
救援 森脇亮介(西武)
捕手 伏見寅威(オリックス)
一塁 中村晃(ソフトバンク)
二塁 浅村栄斗(楽天)
三塁 福田周平(オリックス)
遊撃 安達了一(オリックス)
左翼 吉田正尚(オリックス)
中堅 柳田悠岐(ソフトバンク)
右翼 福田秀平(ロッテ)
DH モヤ(オリックス)

 15週で4勝1敗1分と絶好調のオリックス勢の活躍が目立った。先発では山本が22日のソフトバンク戦で7回3安打7奪三振無失点で6勝目。防御率2.63、109奪三振はリーグトップとなっている。

 野手陣でも安達が3試合連続マルチを17打数7安打の打率.412、3打点、福田周も22打数9安打の打率.409、3打点と上位打線でチームを牽引。モヤは24打数7安打の打率.292ながら、4本塁打10打点は“リーグ2冠”と大爆発だった。捕手の伏見も15打数5安打の打率.333、2本塁打4打点と打撃でも貢献した。

 ロッテの福田秀は怪我から復帰し22打数9安打の打率.409、6打点と本領を発揮。ソフトバンクの柳田も本塁打こそなかったが20打数8安打の打率.400と安定した打撃を見せた。

 リリーフでは3試合に登板し3回1安打無失点の好投を見せた西武の森脇を選出。25、26日の楽天戦ではともに1回無安打無失点の好投を見せ2試合連続で勝利投手に。中継ぎながらチームトップタイの5勝をマークしており、防御率も1.15と圧巻の成績を残している。(Full-Count編集部)