大谷翔平、新ポスティング合意に言及せず イベント配慮「答えるつもりない」

大谷翔平、新ポスティング合意に言及せず イベント配慮「答えるつもりない」

早ければ2日にもポスティング可能、年内に移籍先決定も

 日本ハムの大谷翔平投手が22日、応援大使を務める北海道月形町を訪問した。今オフにポスティングシステムを利用したメジャー移籍を希望する大谷は、新制度が基本合意に達したという報道を受け、「今日は月形に関してのこと(行事)なので、特にそういった質問に答えるつもりないので」と話した。

 米国東部時間21日午後8時(日本時間22日午前10時)を期限に、MLB、NPB、MLB選手会の3者が協議を重ねていた新ポスティング制度が基本合意に達したと、複数の米メディアが報じた。今後10日間のうちにMLBオーナーの承認が取れれば、大谷は早くて12月1日(同2日)にもポスティング可能、年内にも移籍先が決定する。大谷が抱く夢の実現に向けて、状況がまた一歩前進した。

 月形小学校で児童と触れ合った後、囲み取材に応じた大谷に、新ポスティング制度合意に関する質問が飛んだが「今日は月形に関してのこと(行事)なので、特にそういった質問に答えるつもりないので」と話すにとどまった。

 この後にはトークショーが予定されており、「1年間応援大使をして感謝の気持ちと、また(この後)トークショーがあるので(町民の皆さんに)楽しんでいただきたいと思います」と、応援してくれた月形町民とのふれあいを楽しみにした。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索