7回まで1安打無失点、わずか89球だった東浜を替えた工藤監督

■西武 4-1 ソフトバンク(24日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは逆転負けし、連勝が12でストップした。本拠地PayPayドームで行われた西武戦。終盤まで1点をリードしたものの、セットアッパーのモイネロが大荒れ。岩嵜が中村に逆転満塁弾を浴びて試合をひっくり返されて2週間ぶりの黒星を喫した。

 先発の東浜は初回からほぼ完璧な投球を展開。2回先頭の栗山に内野安打を許したが、続く外崎を遊ゴロ併殺打に打ち取った。3回からは5イニング連続で3者凡退に抑え、7回まで打者21人で抑える準完全投球だった。

 7回を終えた段階で東浜の球数は89球とまだ余力は合った。この日の投球内容からいえば、完投はおろか完封さえも十分に狙えたはず。だが、工藤公康監督は勝利の方程式への継投を決断。結果としては、これが裏目に出た。

 10月18日の楽天戦以来、中5日空いての登板となったモイネロが3つの四球を与える大乱調。満塁のピンチを招いて降板すると、スクランブル登板となった岩嵜が中村に逆転満塁弾を浴びた。岩嵜は責められない。工藤監督の継投が裏目に出て、モイネロの大乱調が誤算だった。

 なぜ、準完全というほぼ完璧な投球を見せていた東浜を降板させ、継投策に転じたのか。工藤監督は試合後に「投げさせたいというのもあったんですけど、次の戦略的に考えて、今日は100球いく前くらいで、とは考えていました」と、この日は試合前から100球が交代のメドだったことを明かした。

「次の戦略的に考えて、今日は100球いく前くらいで、とは考えていました」

 この“戦略”の詳細については明かされなかったものの、考えられるのは、11月14日から始まるクライマックスシリーズに向けて疲労を残さないようにするためのコンディション面の配慮か、今後の登板予定に関することか。戦前からこの日は東浜を100球前後で降板させるつもりだったようだ。

「100球いってなかったので考えたんですが、モイネロくんが投げていないというのもあったので。1番嫌だったのが栗山くんが1番タイミングが合っていたので、それを考えた」とも指揮官は語る。チームが連勝中かつ競った展開がなく、身体の張りを訴えていたこともあって、モイネロは10月18日以降、登板機会がなかった。

 ただ、リリーフ投手にとっては間隔が空きすぎるのも良くないだけに、指揮官は「ちょっと張りもあるということもあって間を空けていたんですけど、問題ないということだったので、今日はいい形であればいってもらおうと思っていた」という。東浜は100球前後がメドだったこと、モイネロの登板間隔が空いていたことも加味して継投策に出たのだった。

 結果的にはモイネロの大乱調でピンチを招き、岩嵜が満塁弾を浴びたが、「厳しいところでいってもらったんで、あれは打たれた投手というより(悪いのは)僕ですね」と、指揮官も岩嵜を責めることはなかった。連勝こそ止まったものの、優勝へのマジックは3に。優勝のその先も見据えた中で喫したこの日の逆転負けだった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)