阪神OB藪恵壹氏が明かす、チームメートのタイトル獲りを援護する投手の心理

 阪神は24日、東京ドームでの巨人戦に2-1で勝利した。26本塁打でセ・リーグトップに並ぶ阪神・大山悠輔内野手、巨人・岡本和真内野手のアーチが期待されたが、ともに快音響かず無安打。なかなか打ちごろの球を投げてもらえず、苦戦を強いられた。

 試合前には「大山は打ちますよ」と期待を込めていた阪神OBで元メジャー右腕の藪恵壹氏は、試合後「2人とも状態はあまり良くないですね」と話し始めた。

「岡本選手は状態が悪いですね、かなり。今日は3の0で、第2打席に空振り三振した時は、外角の落ちる球を振っていましたけど、打ちたい気持ちは相当出ている。気持ちがはやっていますね」

 岡本は初回の第1打席に捕手ファウルフライに倒れると、2打席連続で空振り三振。9回の第4打席こそ四球で出塁したが、前日に続き3打数無安打1四球。対する大山は、2回の第1打席に見逃し三振すると、空振り三振、右飛、見逃し三振で、4打数無安打だった。

「大山選手も状態は良くない。確かに1打席目に外角球を見逃し三振とされたのは、ボール球にも見えたので少しかわいそうでした。ただ、菅野(智之)投手も仲間のタイトル争いをアシストしたいから『絶対に打たせないぞ』と、本当に外角中心の攻めでした。インコースで引っ張れる球は1つもなかった。だけど、そこは切り替えて反対方向への打球を意識するといいと思います。東京ドームだったら、ホームランにできますよ。いつも甲子園で打っている形から少し変えて、東京ドームでの打ち方にしないと」

 チームメートのタイトル受賞を援護するため、ライバルとなる打者と勝負する時は、投手は「もちろん阻止しようとしますよ」と心理を明かす。藪氏も現役時代、当時チームメートだった和田豊氏の日本記録を守るアシストをしたという。

「和田さんが開幕から24試合連続安打の日本記録を持っていたんですよ。それで1999年に当時、中日にいた井上一樹(現・阪神1軍打撃コーチ)が21試合連続安打と迫っていた。それを僕が先発した試合で3打席はヒットを打たせず、記録を止めたのを覚えています。仲間として、当然『阻止しよう』という気持ちが働きますよね」

不調の両者に藪氏がアドバイス「反対方向に強い打球を放つという原点回帰をするべき」

 となると、これから大山、岡本の両者には長打を打たせないように、外角攻めが増えることになるだろう。そこで藪氏がカギとして掲げるのが「反対方向へのバッティング」だ。特に、元々逆方向に力強い打球を打てる岡本は「アウトコースのいいところに投げても、右腰の前でボールを押し込むイメージで打てば、普通にライトに入ると思いますよ」と話す。

「反対方向に強い打球を放つという原点回帰をするべきだと思います。これは2人に共通すること。特に、東京ドームは外野が狭いので、ライトに強いライナーを打てば入りますよ。25日の第3戦は注目ですね。2人ともその辺りはしっかりと調整してくるでしょうから、1、2戦目にマークされて1本も出なくても、3戦目にきっちり打ちそうな気がします」

 さらに、OBとして阪神投手陣に、こんなアドバイスも送った。

「岡本選手の外角攻めは、僕は逆に危ないと思っています。前回、甲子園での4連戦(2?5日)で、2戦目に死球を当てられた後、8の1と全然結果が出なかった。今回も2戦終えて6の0。やっぱり体の近くにボールが来ると反射的に反応するから、死球の後は意識的に踏み込みを強くしてくる可能性があります。だから、3戦目に先発する秋山(拓巳)投手のようにコントロールがいい投手が外一辺倒になると、反対方向へのホームランにされる可能性もありますね」

 トップを争う大山と岡本の後を、2本差で村上宗隆(ヤクルト)と鈴木誠也(広島)、3本差で丸佳浩(巨人)が追う展開の本塁打王争い。「最終戦まで分からないですよ」という藪氏の言葉通り、最後の最後まで熾烈な戦いとなりそうだ。(Full-Count編集部)