父は五輪一歩手前の柔道家 体操やサッカーにも親しんだ身体能力

 26日のドラフト会議で4球団の1位指名が重複し、抽選の末に阪神が交渉権を獲得した近大の左の長距離砲、佐藤輝明内野手。「長打力が僕の1番のアピールポイント。将来は本塁打王を取りたいですし、40本、50本が当たり前の選手になりたい」と威勢がいい。恩師の田中秀昌監督は大いなる期待と、一抹の不安を抱いている。

 田中監督はかつて、上宮高のコーチとして元木大介氏(現巨人ヘッドコーチ)、同監督として元メジャーリーガーの黒田博樹氏、東大阪大柏原高監督時代には現巨人の石川慎吾外野手、2014年に近大監督に就任した後も、今季パ・リーグ新人王有力候補の楽天・小深田大翔内野手らを育てた名伯楽である。

 佐藤は「無名だった自分を育ててくださった監督に、感謝しています」と語る通り、兵庫・仁川学院高3年夏の県大会は初戦敗退。それでも田中監督は、同高の監督が近大OBだった縁もあって佐藤を受け入れた。「1位指名が重複するほどの選手になるとは思わなかったが、入学当初からスイングスピードはめちゃくちゃ速かった」と振り返る。

 1年の春から早くも外野手として打線の中軸を担い、2年からは三塁手。2年の夏には大学日本代表として、日米大学選手権に出場するまでになった。今秋の関西学生リーグでは、近大の先輩である二岡智宏氏(現巨人3軍監督)が保持していた通算13本塁打のリーグ記録を抜く通算14号を放った。

父は五輪一歩手前の柔道家 体操やサッカーにも親しんだ身体能力

 田中監督は「私が見てきた選手の中でも、スケール、飛距離は桁違い」と断言。「潜在的な身体能力は計り知れない。父親は五輪にこそ出場できなかったものの、すごい柔道家。佐藤本人も、小学生の頃は体操教室に通い、高校に入学する時にはサッカーを取るか野球を取るか迷ったと言いますから」とも。佐藤の父・博信さんは「正力松太郎杯国際学生柔道」2位など輝かしい実績を持ち、日体大では同い年でバルセロナ五輪金メダリストの古賀稔彦氏が主将、博信さんが副主将だった。

 計り知れないのは、能力だけではない。田中監督は「とにかくマイペース。プロへ行く選手としては、初めて見るタイプです」と苦笑する。寮生活の中で何かと遅刻が多く、「今では少しマシになりましたが、2年の時は『日の丸を背負う人間が遅刻していてどうするんや!』と叱ったことが何度もありました。そのあたりがちょっと不安」と明かす。

 また、「元木大介は高校時代から『甲子園で優勝して巨人に入る』と言って、もっとガツガツとしていた。佐藤は育ちがいいというか、欲がないというか……。泥だらけになってやるようなことが足りないので、『ボールに飛び込め。おまえが飛び込めば、チームの士気が上がるんや』と言って聞かせてきました」と付け加えた。

 とはいえ、過去にプロで“超マイペース”といわれたスター選手は数多い。プロの世界を生き抜いていく上で、平然とマイペースを保てる胆力は頼もしい武器にもなりうる。186センチの体格に恵まれ、さらにコロナ禍でチーム活動が自粛となった4月からの約2か月間で、ウエートトレーニングに打ち込み体重を2キロ増の94キロとしてパワーアップを果たしたのは、本人の努力の賜物だ。佐藤には「ももいろクローバーZが大好き」という人懐っこい笑顔はそのままに、プロで頭角を現していってほしい気もする。(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)