6回のロッテの攻撃中に西日で試合が中断、その直後に菅野の逆転打が飛び出す

■ロッテ 6-3 楽天(31日・ZOZOマリン)

 ロッテが逆転勝ちで2位の座を死守した。31日に本拠地ZOZOマリンスタジアムで行われた楽天戦。2点ビハインドで迎えた6回に西日という珍しい形での中断を挟んで一挙に5点を奪って試合をひっくり返した。

 4回に先発の二木がロメロに3ランを浴びて追いかける展開に。6回に中村奨の適時打で同点に追いつき試合を振り出しに戻すと、続く清田の打席中に、右翼スタンド後方からの西日が強くなり、試合が中断する珍事に。試合再開後に清田が四球を選ぶと、菅野が2点適時三塁打を放って逆転に成功した。

 二木が7回まで3失点で投げ抜くと、8回は澤村が無失点に封じ、9回は守護神の益田がリードを守り抜いた。ロッテは4連敗でストップ。10月を8勝17敗と大きく負け越して終えることになった。

 3位の西武に0.5ゲーム差と迫っていた楽天は痛い逆転負け。先発の石橋が同点に追いつかれて6回途中で降板すると、あとを受けた酒居が流れを止められずに試合をひっくり返された。(Full-Count編集部)