イチローのヤンキース移籍も選出 MLB公式サイトが衝撃トレードTOP10特集

イチローのヤンキース移籍も選出 MLB公式サイトが衝撃トレードTOP10特集

ゴンザレスらとケンプのトレード成立、MLB公式サイトが過去の衝撃トレード特集

 メジャーリーグでまたしても驚きのトレードが成立した。ドジャースは16日(日本時間17日)、ブレーブスからマット・ケンプ外野手を獲得し、代わりに一塁手エイドリアン・ゴンザレス、左腕スコット・カズミア、右腕ブランドン・マッカーシー、内野手チャーリー・カルバーソンと金銭を送ることを発表。大きな目的は両チームの“不良債権”処理で、2人の高額大物野手は移籍先で戦力として見られていないという。

 これを受けて、MLB公式サイトは過去の衝撃的なトレード10個を振り返る特集記事を掲載。2012年7月にマリナーズからヤンキースに移籍したイチロー外野手も登場している。

 記事では「時折、ホットストーブシーズンではあらゆるトレードの可能性が浮上するように思える。しかしMLBで誰も見たことのないような契約が行われる」と指摘。「それは土曜日に起こった」として、ドジャースとブレーブスの大型トレード成立を紹介している。

 今回のトレード成立で、ドジャースは来季の年俸総額がぜいたく税の対象となる1億9700万ドル(約221億7800万円)を下回る見込み。このおかげで、2019年以降に再びぜいたく税の対象となった場合でも課税の割合が50%から20%に下がるという大きなメリットがある。特に、今季負傷に苦しんだゴンザレスを放出し、来季2150万ドル(約24億2000万円)の年俸を削減できることには意味があった。他の3選手も含めると、大きな節約となる。

 一方、チーム再建途中のブレーブスは若手投手が成長するまでの“つなぎ”としてベテラン投手のカズミアとマッカーシーを獲得。今年のプレーオフで存在感を見せたカルバーソンも戦力として期待されている。そして、2年総額4300万ドル(約48億4100万円)の契約を残すケンプを放出することが出来た。ブレーブスはすでにゴンザレスを戦力外として、ドジャースもケンプを放出か戦力外とする見込み。両チームが財政状況を整備するため、大物選手がトレード直後に放出、戦力外になるという衝撃的なトレードとなりそうだ。

 それでも、MLB公式サイトは「これは突然やって来たように思える、しかし、野球界の情勢に衝撃を与えた最初のメジャートレードというわけではない。以下はMLB史上最も予期せぬ、そして驚きのトレードである」として、過去の衝撃的な取り引きを紹介。その中に「2012年7月23日:マリナーズがイチローをヤンキースへトレード」も登場する。

 寸評では「イチロー・スズキは生涯マリナーズ選手であるかのように思われた。彼は日本からメジャー来て以来、10年以上をシアトルで過ごした。しかし2012年シーズン、マリナーズは若返りの段階に入っており、イチローは球団にトレードの検討を依頼した」と当時の状況を振り返っている。

イチローは「球団の象徴であり、ファンのお気に入り」だった

 さらに「マリナーズは応じ、球団の象徴であり、ファンのお気に入りである38歳をヤンキースへと送った。ヤンキース選手としての初打席、セーフコ・フィールドの観衆は彼にスタンディングオベーションを浴びせた」と回顧。セーフコフィールドで移籍会見を行ったイチローは、背番号31のヤンキースのユニホームを着てグラウンドに登場。初めて打席に入るときには大喝采を浴び、ヘルメットを脱いでファンに深々と頭を下げた。そして、いきなりヒットと二盗を記録。シアトルのファンが“相手選手”に大きな拍手と歓声を送るという、感動的なシーンとなった。今季まで17年メジャーでプレーし、数々のハイライトを作ってきたイチローの名シーンの1つとなっている。

 この他、記事では過去の衝撃的トレードとして、以下の9つが挙げられている。

◯2012年8月「レッドソックスがエイドリアン・ゴンザレス、カール・クロフォード、ジョシュ・ベケットらをドジャースへトレード」

◯2004年7月「4球団が絡むトレードでノマー・ガルシアパーラがレッドソックスからカブスへ移籍」

◯2004年2月「レンジャーズが一部年俸を負担して、アルフォンソ・ソリアーノとの交換でアレックス・ロドリゲスをヤンキースへトレード」

◯1998年5月「ドジャースがマイク・ピアザらをマーリンズへトレード、マーリンズは8日後にピアザをメッツへトレード」

◯1997年3月「ブレーブスのマーキス・グリッサム&デビッド・ジャスティスとインディアンスのケニー・ロフトン&アラン・エンブリーのトレード」

◯1990年12月「パドレスのロベルト・アロマー&ジョー・カーターとブルージェイズのトニー・フェルナンデスとフレッド・マクグリフのトレード」

◯1984年12月「エクスポズがゲーリー・カーターをメッツにトレード」

◯1977年6月「メッツがトム・シーバーをレッズにトレード」

◯1965年12月「レッズがフランク・ロビンソンをオリオールズにトレード」(Full-Count編集部)

関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索