セ・リーグの先発投手の1位、2位は大野雄と菅野だった

 2020年のプロ野球はパ・リーグを3年ぶりに制したソフトバンクが4年連続の日本一となって幕を閉じた。日本シリーズではセ・リーグ覇者の巨人に2年連続で4連勝。2018年の第3戦からシリーズ新記録の12連勝、昨年からポストシーズン16連勝という圧倒的な強さを見せて、頂点へと駆け上がった。

 その2020年シーズンは新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開幕が延期となり、開幕当初は無観客で公式戦が開催された。選手たちは難しい環境の中でも懸命にプレーし、そして、結果を残してきた。そこで、ここでは今季の投手成績に注目。セパ両リーグで最も“走者を出さない投手”を探ってみよう。

 野球を科学的に分析するセイバーメトリクスの指標には「WHIP」というものがある。1イニングあたりに、投手が出す走者の平均を表しているものだ。この数字が低ければ、より走者を出しにくい投手となる。

【セ・リーグ】
・先発投手(80投球回以上)
1 大野雄大(中日)0.87
2 菅野智之(巨人)0.89
3 秋山拓巳(阪神)0.97
4 西勇輝(阪神)0.98
5 福谷浩司(中日)1.02

 80投球回以上を投げたセ・リーグの先発投手で上位につけたのは今季、リーグを代表する投球成績を残した中日の大野雄大と巨人の菅野智之の2人。最多奪三振は大野雄、最多勝と最高勝率は菅野が獲得し、投手で最高の栄誉とされる沢村賞には10完投6完封をマークした大野雄が選ばれた。

救援投手では巨人の高梨が抜群の成績を残した

 その2人でより走者を出さなかったのは大野雄の方。148.2回と、137.1回だった菅野より投球イニングは多かったものの、四球数は大野雄の方が少ない(大野雄23個、菅野25個)。また、菅野が7個与えた死球は大野雄は1つも与えず、WHIPは0.87とセパ両リーグの先発投手の中でもトップの数字。菅野は2位の0.89だった。

 この2人に次ぐ3位に入ったのは阪神の秋山拓巳。4位だった西勇輝と並びチームトップタイの11勝をマークした。112投球回で規定投球回には届かなかったものの、防御率2.89も立派。特筆すべきは四球の少なさで、わずか12個しか与えておらず、WHIPは0.97だった。西は0.98と僅差で4位。5位に入ったのは中日で大野雄に次ぐ8勝をマークした福谷浩司。こちらも92投球回と規定投球回には届かなかったが、13四球と四球の少なさが際立った。

・救援投手(30投球回以上)
1 高梨雄平(巨人)0.80
2 R・マルティネス(中日)0.90
3 三嶋一輝(DeNA)0.90
4 中川皓太(巨人)0.94
5 祖父江大輔(中日)0.97

 30イニング以上に投げたリリーフで最も走者を出しにくかったのは、シーズン中に楽天から巨人へトレードで移籍した高梨雄平だった。高梨は37.1イニングを投げて、17被安打19与四死球。WHIPは0.80は、セパ両リーグの20イニング以上投げた全投手の中でもトップだった。巨人にとっては大きな補強だったと言えるだろう。

 2位は中日の守護神だったR・マルティネス。40試合に投げて防御率1.13の好成績。豪速球を武器としながらも12四球と制球も良く、WHIPは0.90だった。3位に入ったのはDeNAの三嶋一輝。守護神・山崎康晃の不振で代役のクローザーを任されて18セーブをあげた。こちらも48試合で13四球と四球が少ななかった。4位は巨人のセットアッパー中川皓太、5位には中日のセットアッパー祖父江大輔と続いた。(Full-Count編集部)