感染させないだけではなく、感染しないためのマスクがついに日本上陸

コロナ禍で供給が追いつかず今年2月以来輸出規制となっていた、アメリカのマスクブランド「vogmask」の新型フェイスマスクの日本国内販売がついにスタートした。

vogmaskは、2011年から呼吸を守る機能を重視したマスクを世界中で発売しているブランド。業務用と同様のアメリカテスト機関にて、95%の濾過率をパスしたマスクを一般向けに届けられるように開発している。

vogmaskは、着用者を粒子から保護するためのフィルタリングフェイスマスクとして設計されている。日常の中で感染の可能性をさらに低くするために、アメリカN95規格と同様のテスト機関で製品テストが行われ、95%の濾過フィルター効率が確認されている。

コロナ下で感染を広げないための通常のマスクの機能に加え、高いフィルター効率により自分自身が感染らないための対策マスクとなっている。

呼吸器系や循環器系の後遺症も多数報告されている新型コロナだけに、ランナーにとって走り続けるためにはとにかく感染しないことが大切。このvogmaskは心強い味方となってくれるはずだ。

「vogmask」新型フェイスマスクの特徴

・4層フィルターによる空気清浄化機能
4層フィルターには、マイクロファイバーフィルター/カーボンファイバーフィルターを使用。0.3ミクロン(PM0.3)の微粒子もブロック。

・快適なフィット感
フェイスラインに沿った立体構造と適度な伸縮性のイヤーループ、ノーズワイヤーバンドでフィットして高い密閉性を保ってくれる。

・やわらかな肌触り
肌触りよく織り込まれたマイクロファイバーを顔に当たる部分に用い、長時間のマスク生活も快適に過ごせるように設計されている。

・繰り返し使用可能
使用後は洗って繰り返し利用可能。気に入ったデザインを「ファッション」として何度も着用することができる。(フィルター効率は少しずつ劣化するため、通常の使用でマスクは5〜6カ月で交換することが推奨されている)

価格 : VMC(バルブなし)4,200円(税抜)

ブランド詳細はこちらから

http://vogmask.tokyo/