決定!第134回ダラクシー賞
文=桧山珠美


 自慢じゃないが私はガチャラーだ。安室奈美恵ファンをアムラー、マヨネーズ好きをマヨラーとするなら、ガチャガチャ好きはガチャラー。ガチャガチャとは、スーパーやゲームセンターの店先に置かれたカプセルトイのことで、ガチャやガチャポンともいう。

 それをテレビで広めたのは「モヤモヤさまぁ〜ず2」(テレビ東京)だろう。街歩きの途中に1000円ガチャを見つけてはやるのがお約束になった。そうこうしているうちにこの「10万円でできるかな!」が誕生。ただし、こちらはガチャガチャばかりをやるわけではなく、宝くじ企画や福袋企画などもあるが……。 

 要は「10万円で宝くじを買ってみた!」とか「10万円で福袋を買ってみた!」などという、ネタに行き詰まったユーチューバーがやりがちな企画。ユーチューバーがさんざんやり倒していることを、何をいまさらと当初は批判的だったが、見れば見たで、どんな賞品が出てくるのかと食いついてしまうのは、ガチャラーの悲しい性。それだけでなくガチャガチャに一喜一憂するキスマイ(Kis―My―Ft2)の一生懸命な姿に好感がもてるからだ。

 これまでもキスマイの存在は知っていたが、メンバー7人の名前と顔も一致しなかったし、そこからイケてる3人と舞祭組(ブサイク)4人に分かれると言われても、その差もわからないし、いまいちピンとこなかった。それが、この番組を見るうちにそれぞれの名前と顔だけでなく、キャラの違いもわかるようになった。そういう意味では、SMAPにおける「SMAP×SMAP」のような番組に成長するかもしれないと思っていた矢先……。