ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、ノーティードッグが手掛けたPS4向けソフト『The Last of Us Part II』の全世界累計販売本数が発売からわずか3日間で400万本を突破したと発表しました。これは、同社が発売したPS4向けタイトルとして過去最速記録となるとのことです。

Naughty DogのVP兼本作ディレクターであるニール・ドラックマン氏は、セールスについて以下のようにコメントしています。

「世界中で何百万人もの方々が発売後すぐに『The Last of Us Part II』をプレイして、その体験を共有してくださったことに、言葉では言い尽くせないほど感謝しています。

今回私たちは、難しいテーマを扱っており、思わぬ形でプレイヤーのみなさんに衝撃をもたらす新たな物語をお届けしようとチャレンジしました。本作の体験がこんなにも多くの方の心を動かし、議論が尽くされていることを見るにつけ、胸が一杯になります。また、フォトモードで撮影された驚くほど魅力的な画面写真や見事なまでのゲームプレイ GIF、エリーのギターで奏でられた楽曲の数々など、プレイヤーのみなさんの創造性に刺激を受けています。

『The Last of Us Part II』は、ノーティードッグの何百人もの才能ある熱心な開発メンバーの努力の結晶です。プレイヤーのみなさんが、私たちと同じ熱量でプレイしてくださっていることは、私たちにとってこの上ない名誉です。このような素晴らしい数字の達成を支えていただき、ありがとうございました」(ノーティードッグ VP 兼 『The Last of Us Part II』 ディレクター ニール・ドラックマン)