Y5S2.1 Patch Match Cancellation Hibana & Ace gadget updateMelusi Banshee & speed penalty changesMore updates and balancingXB1 8:00 EDT/12:00 UTCPS4 9:00 EDT/13:00 UTCPC 10:00 EST/14:00 UTCDowntime: 20 MinutesFull Patch notes: https://t.co/2KXdxvmyHK pic.twitter.com/7UpOByL6Ri— Rainbow Six Siege (@Rainbow6Game) June 30, 2020
ユービーアイソフトは、タクティカルシューター『レインボーシックス シージ』の最新アップデートY5S2.1のパッチノートを公開しました。

今回のアップデートでは、ランクマッチ開始時に他のプレイヤーが接続を切るなどの要因でロビーの人数が不足している状態の場合に「未完成側のチームがマッチを続けるか投票する」新機能を追加。賛成票を投じてマッチがキャンセルされた場合プレイヤーのMMRに影響はありません。なお、キャンセル投票中に退出した場合は放棄ペナルティが課せられるため、マッチキャンセルまではゲームを続けている必要があります。

新オペレーター「MELUSI」の固有ガジェット「バンシーソニックディフェンス」のペナルティゾーンが33%減少し、最大効果範囲が6メートルから4メートルに変更。一人称視点時のバンシーの効果音も減少しています。また、新オペレーター「ACE」と既存のオペレーター「HIBANA」の固有ガジェットが補強された壁を破壊した際のダメージで背後にあるガジェットを破壊しないように機能変更が行われています。

そのほか、一部オペレーターやマップの不具合修正などの詳細なパッチノートは公式サイトをご確認ください。