Epic Gamesは、『フォートナイト』のPvEモード「世界を救え」が、米国時間2020年9月23日よりmacOSにてプレイできなくなることを発表しました。

これはAppleによるEpic GamesへのiOS/Mac開発ツールの利用差し止め措置の影響を受けたもの。これにより、macOSでのゲームや配布用パッチの署名が不可能となってしまったといいます。また、今後実装されるv14.20についてはv13.40のプレイヤーに対して不具合が起こりえるうえ、アップデートや不具合修正も行えないため、米国時間9月23日以降はmacOSで同モードがプレイできなくなります。

なお、米国時間2019年9月17日から2020年9月17日の間に購入してmacOSで使用された「世界を救え」ファウンダーパックまたはスターターパック、そしてラマに使用した購入済みV-Bucksに対しては、無条件で払い戻しが行われます。またPC/PS/Xbox間では進行状況を共有して引き続きプレイできるとのことです。

さらに「フォートナイト: バトルロイヤル」macOS版について、現時点でv13.40を引き続きプレイできるものの、今後のバージョン更新が不可能となっていることが改めて言及されています。そのほか詳細はこちらのページよりご確認ください。