Valveの有名FPS『Half-Life』シリーズ。同作の主人公であるゴードン・フリーマンが「作中で倒した敵の数」に言及するファンが現れました。

海外掲示板Redditにてユーザーが指摘するところによれば、ゴードン・フリーマンが「一連の作中で倒した敵の数」はなんと1,527体。これは初代『Half-Life』の代わりに『Black Mesa』を使用した際の統計とのことですが、初代『Half-Life』を代わりに使っても1,400体以上となります。さらにこの数値は敵が無限にリスポーンするシーンでは可能な限り戦わず逃げた場合であるとしています。

具体的なキルスコアは下記のとおりとのことです。

『Half-Life』 (1998): 526 kills(比較用)

『Black Mesa』 (2012): 399 kills(内、HECU178人)

『Black Mesa: Xen』 (2020): 178 kills(内、HECU0人)

『Half-Life 2』 (2004): 751 kills(内、コンバイン兵637人)

Half-Life 2 Episodes (2006 + 2007): 199 kills(内、コンバイン兵178人)
なお、今後『Project Borealis』がリリースされた場合、それも数値に加えていきたいとしました。映像での具体的なカウントはこちらのプレイリストで見られます。

この実測を行ったユーザーたちがなぜこの行為を行おうとしたのかはわかりませんが、ゴードン・フリーマンが本来は戦士ではなく生き残るために戦う科学者であることも踏まえると、普段何の気もなく活躍を操作し、眺めているヒーローに対し別の見方をしてみるのは意外な印象を味わえて楽しいのかもしれません。